今回は、ネコちゃんに目薬をさす方法について。動物病院で目薬を処方されたら、上手にさしてあげることはできますか? ネコちゃんはとてもデリケートで、目薬をさすのも嫌がる子が多いですが、できるだけ嫌な思いをさせたくはないですよね。

【画像】茶白のネコちゃん

●怖がらせないことが大切

 まずは目薬とガーゼを用意して、やさしくマッサージをしたり、ご褒美をあげたりして、リラックスさせてあげましょう。タイミングとしては、ご飯を食べた後やネコちゃんが落ち着いているときがいいかもしれません。

 いきなり目薬を入れると、ネコちゃんが驚いてしまうので、後ろからネコちゃんの頭を固定して、まずは目元をなでることからはじめましょう。ネコちゃんが慣れてきたら、小指でまぶたを固定してから、頭側から目薬を入れます。もしも怖がっていたら、タオルでくるんであげるのも効果的です。

●目薬の練習をしておくのもオススメ

 もし目薬を処方されて、ちゃんとさせるかどうか不安なときは、一度動物病院でさし方を見せてもらって、アドバイスをもらうのもいいでしょう。また、目に入れても問題がないものを処方してもらったり、目薬をさす姿勢を覚えさせたりと、普段から目薬の練習をしておくのもおすすめです。

 時に、目薬をさすことがネコちゃんにとっても飼い主さんにとっても、大きなストレスになってしまうこともあります。そうならないように、さし方やさすタイミングなどを、工夫してあげることが大切です。

 きっと何回も繰り返すうちに、少しずつできるようになるので、ご褒美なども活用しながら、慣れさせてあげられるといいですね。目薬が嫌なものではないことを学べば、ネコちゃんも強く拒否はしなくなるので、飼い主さんもネコちゃんも快適に目薬をさせるようになりましょう!(ペット手帳)

ネコちゃんに目薬をさすコツは?