今年からブラジルのボタフォゴでプレーしている本田圭佑。新天地でのデビュー戦でいきなり決めた初ゴールがこれだ(以下動画15秒~)。

相手は4部チームではあったが、スルーパス(動画1秒~)とサイドへの展開(動画36秒~)も見事。

【関連記事】「背番号2」が似合わなかった風変わりな10人

その本田はSNSで積極的に意見を発信している選手のひとりだが、このほどこんなツイートをしていた。

本田圭佑

「中国批判声明 に日本は参加拒否って何してるん!

香港の民主化を犠牲にしてまで拒否する理由を聞くまで納得できひん。」

「どんだけ他人事なん。」

「この記事が本当なら日本は本気でヤバい。

この記事がフェイクなら共同通信は本気でヤバい。」

このほど、中国は全人代において、香港への「国家安全法制」導入を決定。

そうしたなか、共同通信は「香港への国家安全法制の導入を巡り、中国を厳しく批判するアメリカなどの共同声明に日本政府も参加を打診されていてが、それを拒否していたことが分かった」と伝えた。本田のツイートはこの報道を受けてのものだ。

本田圭佑、「本当なら日本は本気でヤバい」とツイート