6月7日の大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)にて、第21回「決戦!桶狭間」が放送され、織田信長を演じる染谷将太がコメントを寄せた。

【写真を見る】美しすぎる帰蝶(川口春奈)の涙…

同作は、史料がほとんど残っていない20代の明智光秀(長谷川博己)の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀、さらに豊臣秀吉や徳川家康といった英雄たちが天下を狙って戦う群雄割拠の時代を描く物語。

(以下、第21回のネタバレを含みます)

これまで、今川義元(片岡愛之助)との戦を前に松平元康(風間俊介)に文を送るなど、戦略を練ってきた信長。

信長にとっての「桶狭間の戦い」を、染谷は「長く対立してきた今川義元を自分の代で討ち取る、信長にとって、また一歩“織田信長”に近づく戦いだと思っています」と分析。

また、戦を迎える信長の心情を「徐々に戦いに情勢が近づく中で、ある種の自分が育った家族を失った信長は、悩みます。戦略はもちろんのこと、死や帰蝶(川口春奈)のこと。しかし、桶狭間という突破口を見いだした時、信長は自らが出向くことで、自分という存在をかけ、自らを試すように全てを捨てて出陣します」と語った。

悩みに悩んだ信長は、自身に“もしものこと”があったときのためにと、帰蝶に子どもを託し戦へと向かう。信長の戦への思いと、複雑な女心で、帰蝶が尾張に駆け付けた光秀の前で涙する場面も放送された。

染谷は「信長は『今川を討ち取ってみんなを喜ばせたい!』という思いで、そのためなら死ぬことも恐れません。そのピュアさが信長の強さでもありますが、同時に恐ろしさも感じました。戦に向かう興奮や、戦に生きる喜びと、信長のさまざまな感情が見え隠れする回になっていると思います」とコメントを寄せた。

■ 染谷将太「必死に戦う人間臭さを意識して演じました」

合戦シーンの撮影を振り返り、染谷は「非常に過酷でした。雨上がりで土はぬかるみ、まともに立てない環境の中で必死に戦いました。キレキレな立ち回りにはなっていないと思いますが、1人の人間が命をかけ、ただ必死に戦う人間臭さを意識して演じました」と語った。

■ 染谷将太コメント全文

桶狭間の戦いは、長く対立してきた今川義元を自分の代で討ち取る、信長にとって、また一歩“織田信長”に近づく戦いだと思っています。

徐々に戦いに情勢が近づく中で、ある種の自分が育った家族を失った信長は、悩みます。戦略はもちろんのこと、死や帰蝶のこと。

しかし、桶狭間という突破口を見いだした時、信長は自らが出向くことで、自分という存在をかけ、自らを試すように全てを捨てて出陣します。

信長は「今川を討ち取ってみんなを喜ばせたい!」という思いで、そのためなら死ぬことも恐れません。そのピュアさが信長の強さでもありますが、同時に恐ろしさも感じました。戦に向かう興奮や、戦に生きる喜びと、信長のさまざまな感情が見え隠れする回になっていると思います。

「桶狭間の戦い」のシーンは、非常に過酷でした。雨上がりで土はぬかるみ、まともに立てない環境の中で必死に戦いました。キレキレな立ち回りにはなっていないと思いますが、1人の人間が命をかけ、ただ必死に戦う人間臭さを意識して演じました。

一人一人の覚悟が丁寧に描かれた桶狭間の戦いになっていると思います。 戦いの後、光秀と信長が何を話すのかにも注目してご覧いただきたいです。(ザテレビジョン)

戦へと向かう信長(染谷将太)