日本の音楽とDJカルチャーを融合させるプロジェクト「OMOTENASHI BEATS」が、6月7日(日)に新たなパーティーイベント「OMOTENASHI MATSURI」を開催した。

「OMOTENASHI MATSURI」は、ライブストリーミング配信プラットフォーム「Twitch」にて視聴無料で実施。出演したのは、DJシーザー、あさにゃん、DJ高木美佑MOTSU、DJずっ from i☆RisMIMORI from kolme、神尾晋一郎、DJ小宮有紗、つんこ、DJ KOOの豪華10組。累計視聴約10万人が参加し、Twitterでは「#OMOTENASHIBEATS」がトレンド5位に入るほど大きな盛り上がりを見せた。

トップバッターを務めたのは、アニソンDJシーン&文化を牽引し続けるDJシーザー。お馴染みの青い衣装で登場し、EXILEChoo Choo TRAIN」からスタートglobeSWEET PAIN」や、メディアミックスプロジェクトParadox Live(パラライ)」の悪漢奴等「BAD BOYZ -悪漢奴等Underground-」の他、仮面ライダーセグメントまでとJ-POPアニソンまでクロスオーバーする選曲で、視聴者コメント欄は「最初からテンションぶち上げ!」「懐かしい!」など盛り上がりを見せ、本人もプレイ中に「良い曲はいつ聴いても良い!」「歌えー!」と画面越しに煽り、一番手にふさわしいアクセル全開のプレイOMATSURIの開幕を飾った。

続いてSNSから生まれたマルチタレントでDJとしても活躍中あさにゃんは、その可愛らしい見た目とは裏腹に重低音を効かせた得意のEDM系を中心にプレイ自己紹介代わりに自身の「Are You Ready!!!」からスタートクラブさながらの攻めの選曲が続き、「お家壊れるくらいジャンプして!」と煽り視聴者ヒートアップさせた。終盤、SNS上で動画ブームに火をつけ自身の名前が世に知れ渡るきっかけとなったSEREBRO「Mi Mi Mi」が流れると、コメント欄は「延長!」「あさにゃんの曲!」「アンセム」「また観られるとは!」と、最初から登場していたのにもかかわらず”ご本家登場!”のような盛り上がりを見せた。

次に、大人気メディアミックスプロジェクトD4DJ」の犬寄しのぶ役を務める声優、DJ高木美佑が登場。Wake Up, Girls!のI-1 Club「Knock out」からD4DJ発のユニットPhoton Maiden「Photon Melodies」へと自身がCVを担当している作品の楽曲で繋いだ。その後もWake Up, Girls!を中心にこれから始まる夏を感じさせる楽曲や、自身の声優としての活動と親和性のあるを選曲し、所々振り付きでDJプレイを披露。視聴者からは、曲が変わるたびにアニメに反応し当時を思い出す感想や、「WUG過剰摂取最高」「選曲が神」「繋ぎ神」などDJプレイクオリティーに関するコメントも目立った。

続いては、日本で最先端の感性と嗅覚をもつラッパーとしてアニメ頭文字D」の主題歌など数々のヒット曲に携わってきた元「m.o.v.e」のMOTSU。登場前から楽しみというコメントが多く、国内外で人気のm.o.v.e代表曲「Gamble Rumble」を1曲目に最高潮のテンションスタート。続けてm.o.v.estrike on」、DR.LOVE feat.D.ESSEX「MAX POWER」、BACK-ONリザレクション」、CLUTCHO「Flyleaf」と「頭文字Dコンボを披露。「Everybody, Let’s get it started!!」と世界に向けて煽ると、コメント欄では外国語も目立ち、作品や楽曲の根強い人気を感じさせた。中盤ではこの日のために仕込んでいたというマッシュアップや、リアルタイムコメントからリクエストに応えた選曲など、視聴者を喜ばせるパフォーマンスが繰り広げられた。ラストにはクールダウンのための大塚愛黒毛和牛上塩タン焼680円」を選曲し、緩急のついた大人のプレイを見せた。

前半戦の最後を務めたのは、「i☆Ris」のメンバーである、DJずっ from i☆Risこと澁谷梓希EXILE&倖田來未「WON’T BE LONG」でグルービーに始まり、続けてAAAGAME OVER?」、自身が作った新曲AZK & Toki「AZK NEVER DIE」で盛り上げ、さらにはi☆Ris楽曲のマッシュアップも用意。J-POPEDMサイケ等々まで終始盛り上げに徹した選曲で、ラストは「やっぱ、みんなお家でコールしたいもんね!」とi☆RisアルティメットMAGIC」で締めた。「初めて観た」というコメントも多く、「楽しかった!」「最高」「歌えて踊れてDJできるi☆Ris恐ろしすぎ」など、視聴者は見事で熱いプレイに胸を掴まれた。

今回がDJ初挑戦のMIMORI from kolmeは、自身が作曲を担当するkolmeの楽曲から国内外の旬な楽曲まで、幅広いグッドミュージックを選曲。彼女のトレンドへの感度の高さが伺える構成で、ブラックミュージックテイストベースにしているkolmeのサウンドカッコよさがMIMORIから生まれているのも納得の、DJ初挑戦とは思えないプレイと気持ちの良いサウンド視聴者を魅了した。そのプレイ視聴者は「トラックの作り込み流石」「初DJでこのクオリティー?!」と驚きを見せ、最後に選曲したkolme「No need to rush」の時間には「リアルな箱で観てみたい」というコメントも多く寄せられた。

続く神尾晋一郎も、今回がDJ初挑戦。1曲目は自身がCVを担当している「あんさんぶるスターズ!!」の楽曲、Crazy:B「Crazy Roulette」でスタートEDMを軸に序盤はアニソンを組み込んだスタイルで、今回の出演陣では最も多い楽曲数をミックス。後半はEDMクールに盛り上げ、終盤はEDMからロックヒップホップへとボーダーレスな繋ぎを見せ、本人も「クレイジーでしょ?」と語った。MIMORIに続いてDJ初挑戦を感じさせないプレイを披露し、ビジュアルも相まって「本職にしか見えない」「初DJって嘘じゃん?」「いろんな世代が楽しめる選曲」と視聴者も多いに盛り上がった。

昨年から「OMOTENASHI BEATS」プロジェクトにてDJ活動を始め、ノンストップミックスCD「SUPER OMOTENASHI BEATS vol.1 × DJ小宮有紗」もリリースしているDJ小宮有紗(「Aqoursメンバー )は、「OMOTENASHI BEATS」の世界観を体現する着物風の衣装で登場。VJや選曲も「ジャパンカルチャーを世界に発信する」という「OMOTENASHI BEATS」のコンセプトを意識させてくれるパフォーマンスを披露した。AZALEA「空中恋愛論」が流れると「ご本人!!選曲が強い!!」とコメント欄は盛り上がり、その後もアニソン中心の選曲で、彼女が飛び跳ねて煽ったり曲が変わったりする度にコメント欄のスピードは大きく加速。DJスキルの成長と、ラスト1曲の前に曲を止めて煽りを入れるなど、場を盛り上げる巧みさを感じさせた。

D4DJ」の三宅葵依役でアニソンDJとしても活躍中の人コスプレイヤー つんこは、globeDEPARTURES」でしっとりとスタートさせ、続いてBoA「Amazing kiss」など時代を彩った名曲が続くと、コメント欄では「懐かしい、、」「いい時代だった、、」など当時を思い出コメントで溢れた。前半は平成を感じさせる選曲で構成し、後半はDA PUMPU.S.A.」を筆頭に洋邦のアッパーな楽曲を選曲。高い温度のまま、OMATSURIのラストへとバトンを繋いだ。

トリを務めたのは、レジェンドDJでありながら、飾らぬ人柄で音楽以外のイベントバラエティ番組でも大人気の「TRFリーダー DJ KOOスタート前からラスボスの登場を今か今かと待ちわびるコメントが並んだ。 いざプレイが始まれば、“日本屈指の盛り上げ番長”としてトークも交えながら別格で華麗なDJプレイを披露。大人気作品「鬼滅の刃」のキャラクターボイスサンプリングして繫いだLiSA紅蓮華」や、「今日は日曜日で、たくさんのイベントがやっていたと思うけど、ここのOMOTENASHI MATSURIが最高だというのは””絶対負けねえ””」と、SNSで話題のドラマ「M 愛すべき人がいて」の台詞を引用した煽りなど、トレンドを織り交ぜたプレイ視聴者は激しい盛り上がりを見せた。

終盤には、国産ダンスミュージックの金字塔であるTRFEZ DO DANCE」、「survival dAnce」と畳み掛けると、コメント欄は待ってましたと言わんばかりにヒートアップラストH Jungle with tWOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント~」で締め、最初から最後まで全てがハイライトのような、あっという間な6時間の「OMOTENASHI MATSURI」の幕を閉じた。

華々しいスタートを切った「OMOTENASHI MATSURI」は、来月7月5日(日)に次回開催が決定。日本の新たなDJカルチャーシーンを作っていくパーティーから目が離せない。

<次回イベント詳細>
「OMOTENASHI MATSURI」
#OMOTENASHIBEATS #OMATSURI
日程:2020年7月5日(日)
会場:AkibaTstudio Twichチャンネル https://www.twitch.tv/akibatstudio

■OMOTENASHI BEATS 公式サイト
https://omotenashibeats.jp/
DJ KOO
https://twitter.com/DJKOO_official