株式会社MATCHA(本社:東京都台東区、代表取締役社長:青木優)は、「今だからこそできるインバウンド観光対策」Facebookグループメンバーを対象に「自治体向けインバウンドマニュアルアウトラインを描く」オンラインイベントを開催いたします。


コロナウイルスの影響により、インバウンドをはじめとした日本の観光業界には大きな影響が出ています。そのような状況の中、MATCHAではこれからの観光について議論をしていくFacebookグループ「今だからこそできるインバウンド観光対策」を運営しています。

グループは「企業、自治体で使えるインバウンド対策のマニュアルをつくる」ことをゴールに、インバウンドに関わるメンバーの皆様とともに活動をしています。この度、そのマニュアルの作成に向けて、どのような要素が必要なのかをグループメンバーの皆様と共にディスカッションするオンラインイベントを開催いたします。

イベントは、Facebookの「今だからこそできるインバウンド観光対策」グループの一環として開催されます。イベントへの参加方法は、グループページにて共有いたします。参加をご希望の方は、ぜひグループにご参加ください。

インバウンドに関わる皆様の知見を活かして、多くの自治体にとって役立つマニュアルを作っていければと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。
イベント名:自治体向けインバウンドマニュアルアウトラインを描く − マニュアル作成に向けたディスカッション −
・日時:2020年6月10日(水) 20:00~21:30
・参加費:無料
・参加方法:「今だからこそできるインバウンド観光対策」Facebookグループメンバー限定オンラインイベントです。参加方法については下記グループ(承認制)にて告知いたします。
Facebookグループhttps://www.facebook.com/groups/inboundfornow
  • 登壇者
・DeepJapan.org エグゼクティブ・ディレクター 萩本 良秀
MATCHA インバウンド推進スペシャリスト 村上 カオ
・モデレーター:MATCHA 代表取締役 青木 優
コロナウイルスによりインバウンド観光が大きな影響を受けている今、課題を共有するメンバーが集まり、これからの観光対策について考えていくFacebookグループです。MATCHAメンバーらが発起人となり5月上旬にスタート。現在870名以上のメンバーが参加しています。

グループは、インバウンドのキーマンを招いたオンラインでのトークセッション開催や、グループメンバー間の情報共有などでノウハウを蓄積し、集合知により「企業、自治体で使えるインバウンド対策のマニュアルをつくる」ことをゴールに、活動を行っています。

参加は承認制となっております。前向きなご参加をいただける方を歓迎しておりますので、ぜひリクエストください。なお、参加リクエストの際には表示される質問全てに回答をお願いいたします。

Facebookグループhttps://www.facebook.com/groups/inboundfornow
MATCHAは、世界240以上の国・地域から月間340万人以上が訪れる、日本最大の訪日観光メディアです。観光、グルメ、文化、便利情報など、日本に関する魅力的な記事を10言語で発信。多国籍の編集者がプロの目線で編集し、熱量を持った記事をお届けします。 記事だけでなく、旅マエに嬉しい宿泊、ツアーWi-Fiなどの予約から、旅ナカで使えるクーポン券まで完備。訪日観光プラットフォームとして、日本旅行を総合的にサポートします。

MATCHAhttps://matcha-jp.com/
・官公庁・自治体・企業の方向けの資料はこちら:https://company.matcha-jp.com/about/

配信元企業:株式会社MATCHA

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ