「新サクラ大戦 the Animation」9話上映会が、2020年6月4日ニコニコ生放送にて放送された。

 『サクラ大戦シリーズの最新作『新サクラ大戦』では、新機体「霊子戦闘機」に搭乗し、都市の平和を守りながら歌劇団としても活躍する新たな「帝国華撃団・花組」が結成される。

 ここでは『新サクラ大戦』から1年後の世界を舞台としたテレビアニメ作品『新サクラ大戦 the Animation』第9話のコメントデータを抽出し、盛り上がったシーンTOP3も紹介していく。

(画像は『新サクラ大戦 the Animation』の公式サイトより)

『新サクラ大戦 the Animation』第9話盛り上がり指数TOP3

新サクラ大戦 the Animation」9話上映会におけるコメント数のグラフ。

コメント盛り上がり指数:1分間あたりのコメント数からそのシーンの盛り上がり度を編集部独自に算出した数値。

1位:ついに白マントの正体が判明!

(画像は「新サクラ大戦 the Animation」9話上映会より)
(画像は「新サクラ大戦 the Animation」9話上映会より)

 もっとも盛り上がったのは、白いマントの人物が村雨白秋であると判明するシーン①19:15ごろ)

 クラーラを奪取するべく急襲を仕掛けた「莫斯科(モスクワ)華撃団」。“降魔”の力を解放したレイラが「帝国華撃団・花組」を圧倒するなか、仮面を付けた白ずくめの人物が助けに駆け付ける。

 クラーラが正体不明の人物に対する疑問を口にすると、仮面を脱ぎ捨てた白ずくめの人物は、みずからが村雨白秋であると語るのだった。

 視聴者にはバレバレな白マントの正体にな、なんだってー」「お、おう」「しってた」といったコメントが寄せられていた。

2位:大胆なポーズを取るレイラ

(画像は「新サクラ大戦 the Animation」9話上映会より)
(画像は「新サクラ大戦 the Animation」9話上映会より)

 2番目に盛り上がったのは、レイラが大きく手を広げて命令を受けるシーン②04:47ごろ)

 本性を露わにした「莫斯科(モスクワ)華撃団」は「帝国華撃団・花組」と本格的に敵対。

 帝都の海中に移動要塞「セバストーポリ」ごと潜むカミンスキー。彼は、クラーラを手中に収めようとするが、実働隊員のレイラは作戦に対し、複雑な感情を見せ、クラーラ奪還をためらってしまう。

 すると、カミンスキーは謎の石を使ってレイラに命令を強制するのだった。大きく手を広げて返答するレイラ「わき」コメントが大量発生していた。

3位:「セバストーポリ」の砲撃が天宮さくらに直撃!?

(画像は「新サクラ大戦 the Animation」9話上映会より)
(画像は「新サクラ大戦 the Animation」9話上映会より)

 3番目に盛り上がったのは、天宮さくらが「セバストーポリ」に砲撃されるシーン③20:15)

 天宮さくらは、クラーラを救出するべくレイラと交戦。クラーラの姉であると語るレイラが“降魔”の力を解放すると「帝国華撃団・花組」は防戦一方となってしまう

 そんななか、村雨白秋の「クラーラは新しい家族を見つけた。君も姉なら、それを祝福したらどうだ?」という言葉を受けたレイラが攻撃をためらうと、移動要塞「セバストーポリ」が砲撃を開始。

 この「セバストーポリ」からの砲撃によって、天宮さくらは瀕死におちいってしまうのだった。

 近くにいたクラーラもろとも吹き飛ばす砲撃に「あ」「!?」「しんだな」といったコメントが寄せられていた。

―あわせて読みたい

・欲望を暴走させたソフィアがカタリナに愛の告白!? 『はめふら』第8話コメント盛り上がったシーンTOP3

・アンパンをくわえながら控え室にもどる望月あざみがかわいい! 『新サクラ大戦 the Animation』第8話コメント盛り上がったシーンTOP3

・ひな鳥をかわいがるミミたちに「おまかわ」のコメントが殺到! 『プリコネR』第8話コメント盛り上がったシーンTOP3

・恋の病を宣告される四宮かぐやに視聴者も困惑。『かぐや様は告らせたい』第8話コメント盛り上がったシーンTOP3