6月9日(火)放送の「セブンルール」(毎週火曜夜11:00-11:30、フジテレビ系)は、飲食店を営む女性たちの元を再び訪ね、新しいルール新型コロナウイルスと向き合う彼女たちの今に迫る。

【写真を見る】「神戸アジアン食堂バルSALA」店長・黒田尚子さんはマスク姿で客の元へ

■ 余った時間で食材と向き合う

東京・品川区ラーメン店「多賀野」。店主・高野多賀子さんのこだわりが詰まった中華そばを目当てに、以前は行列の絶えない人気店として名をはせていた。しかし、4〜5月の自粛期間中は持ち帰りのみの営業で、売り上げは以前の半分に。そんな状況下で彼女は新たな試みを始めていた。

東京・東中野にあるそうめん専門店「阿波や壱兆」。店主の田中嘉織さんは、故郷・徳島の特産品である「半田そうめん」を広めたいと、そうめん店をオープンし、和洋中、さまざまな変化が楽しめるそうめんを提供してきた。コロナの影響を大きく受けたという彼女もまた、新たな取り組みを始めていた。

東京・渋谷区にある「かつお食堂」。削りたてのかつお節をあふれんばかりにのせた“究極の猫まんま”を提供していたこの店も、コロナによる自粛期間中は、持ち帰りのみの短縮営業に。そんな中、店主の永松真依さんは、「かつおと向き合うために」と余った時間であることを開始した。

■ 店を完全休業したシェフの今

全国を巡りながら、彩りも豊かで独創的なカレーを提供していた流しのカレー料理人・阿部由希奈さん。カレーくしの日々を送っていた彼女にも、コロナの影響はあったという。「自分の料理の幅を広げたい」と、新たに始めたこととは。

洋食の激戦区、東京・浅草で愛され続けている「グリル佐久良」。シェフ・荒木優花さんは、現役で接客を担当する祖母と2人で、今は亡き祖父の味を守り続けている。自粛期間中は、祖母の年齢も考え、店を完全休業していたという彼女の今を取材する。

神戸・南京町にある「神戸アジアン食堂バルSALA」。店長の黒田尚子さんは、日本社会になじめないアジア各国の女性たちを支援するため、彼女たちを雇い、各国の料理を提供する店として営業してきた。そんな彼女は、コロナ禍を機に再認識したことを明かす。

誰もが初めて遭遇した緊急事態を、それぞれの工夫で乗り越えようとしている女性たち。そんな姿をVTRで見たスタジオメンバーたちは感嘆の声を上げる。そして、この自粛期間中に青木崇高は新たに始めたことがあるという。「何がやりたいんでしょうね、俺は」と話し、スタジオの笑いを誘った青木が始めたこととは。(ザテレビジョン

新しいルールで新型コロナウイルスと向き合う女性たちを追う