タレント指原莉乃が9日、ショートドラマ『小世界家の秘密』オンライン舞台あいさつに共演の松崎しげる、真琴つばさ、荒牧慶彦とともに出席。声の出演にも関わらず役作りとしてダイエットをしたことを明かし、注目を呼びかけた。

【写真】指原莉乃、役作りでダイエット オンライン舞台あいさつ

 本作は、世界最大級の屋内型のミニチュア・テーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO(以下、スモールワールズ TOKYO)」のグランドオープンを記念して、9日よりツイッターにて配信されるミニチュア世界を舞台としたショートドラマ

 平凡なサラリーマン・小世界シゲル(松崎)、教師である妻・ツバサ(真琴)、高校生の長女・リノ(指原)、中学生の長男・ヨシヒコ(荒牧)の4人家族の日常がミニチュア世界で展開されていく。

 YouTubeにてライブ配信された同舞台あいさつキャストの4人は東京・有明にあるスモールワールズTOKYOから参加した。

 松崎はキャスティングについて「この顔ぶれは適材適所。本当に個性のある4人だと思う」としみじみ。指原は「やっとお会いできたと言ってもこういう形で残念。いつかまたお会いできるんじゃないかなと改めて楽しみになりました」とコメントした。

 同テーマパークについては「とにかくすごくて楽しい」と驚嘆した指原。「遠方に住んでらっしゃる方もきっとこのショートドラマで楽しめると思います。いつか実際に遊びに来て体験していただきたいと思います」とアピールした。

 また、自身を模したミニチュアに声をあてるという形式での収録の様子については「まさに最新。今までにない雰囲気でした」と回顧。指原を模したミニチュアに関しては「近くで見ると確かに私だなって思います」と笑顔を浮かべた。
 
 撮影に向けて準備したことを聞かれると指原は「演技に挑戦することがあまりないので、せっかくの機会と思って結構ダイエットしたんですけどなにも伝わってなくて...。役作りという観点では一応そこに注目していただければと思います」と苦笑していた。

 ショートドラマ『小世界家の秘密』は、スモールワールズ TOKYO公式ツイッターにて配信中。

(C)khara
(C)Naoko Takeuchi
(C)SMALL WORLDS

ショートドラマ『小世界家の秘密』舞台あいさつにて