エリザベス女王の夫エディンバラフィリップ王配が10日、99歳の誕生日を迎えた。公式SNSには先週に撮影されたという最新ツーショットが公開され、元気な夫妻の姿を喜ぶ王室ファンから多数のコメントが寄せられている。

1921年6月10日まれのエディンバラ公フィリップ王配が、このほど99歳の誕生日を迎えた。2017年8月に正式に公務から引退後は、ノーフォークサンドリンガム御用邸の一角ウッドファーム・コテージで余生を過ごしていたが、新型コロナウイルスの影響にともない3月にエリザベス女王がロンドンのバッキンガム宮殿からウィンザーへ移動したことを受け、フィリップ王配も同時期にウィンザーに合流、現在は夫婦そろって自主隔離生活を送っている。

英時間9日にはフィリップ王配の誕生日に先駆け、ロイヤルファミリー公式SNSを通じて1枚の写真が公開された。フィリップ王配が、よく晴れたウィンザー城の中庭にエリザベス女王と並んだ素敵な夫婦ショットは先週に撮影されたものだという。金ボタン付きのネイビーのブレザーに赤×ネイビーのネクタイを合わせ、堂々とした佇まいを見せるフィリップ王配。その横には黄色の花柄ワンピースパールネックレスを合わせ、赤い口紅をつけたエリザベス女王の姿がある。

高齢のフィリップ王配はこれまで度々入退院を繰り返し、死亡説が流れたのも一度や二度ではない。引退後は公の場に登場することが少なかっただけに、こうして2人がそろったレアショットが公開されると、わずか数時間のうちに数十万の「いいね!」が寄せられる結果となった。数々の失言やブラックジョークで周りをヒヤヒヤさせつつもどこか憎めないキャラクターで英国民に長く愛され続けるフィリップ王配だけに、

「お誕生日おめでとうございます
「凛々しいお姿が今も健在なのが素晴らしい!」
「どうか、これからも末長く健康でありますように」

といったコメントInstagramに寄せられている。またエリザベス女王とのツーショットにも、

エレガントダンディー、最高にお似合いのご夫婦」
「2人とも90歳を超えているとは信じ難い若々しさ!」

と称賛の声が集まっている。

これまで70年以上にわたり妻エリザベス女王に寄り添いサポートしてきたフィリップ王配だが、そんな彼の功績は王室評論家や作家達の間でも高く評価されているようだ。作家のフィル・ダンピエール氏は「女王を笑わせる能力は天下一品」、コメンテータージョンリトル氏は「時に下ネタジョークなどを交えながら、いつもエリザベス女王を笑顔にしている」「女王の成功と幸せの影の立役者」、そして評論家リチャードフィッツウィリアムス氏にいたっては「女王が最も信頼を寄せるアドバイザーの1人」とフィリップ王配の人柄を絶賛している。

ちなみに99歳になったフィリップ王配と、4月に94歳の誕生日を迎えたエリザベス女王の“夫婦年齢”は193歳。「ギネス世界記録」のホームページによれば、現在存命中の最長寿夫婦(2人の合計年齢)は、米テキサス州オースティン在住のジョン・ヘンダーソンさん(107)とシャーロット・ヘンダーソンさん(105)夫妻で、合計年齢は212歳だそうだ。

画像は『The Royal Family 2020年6月9日InstagramThis new photograph of The Duke of Edinburgh and The Queen was taken last week in the quadrangle at Windsor Castle to mark His Royal Highness’s 99th birthday tomorrow.」(Copyright: Press Association)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト