メルカリは、同社初となる旗艦店「メルカリステーション(mercari station)」を新宿マルイ本館(東京都新宿区)で6月10日プレオープンした。

画像付きの記事はこちら



 メルカリステーションは、“もっとみんなの、フリマアプリへ。”をコンセプトに、フリーマーケットサービスメルカリ」の使い方を学べるゾーンと、「メルカリ」を楽しく体験できるゾーンを備えたリアル店舗。

 店内では、メルカリの使い方を学べる「メルカリ教室」を開催するほか、出品したい商品を撮影・梱包できるブース、メルカリを楽しみながら学べるARガイドを用いた発送体験ブース、売れた商品をその場で発送可能な無人投函ボックス「メリカリポスト」を設置する。

 あわせて、商品を置くだけで最適な梱包資材を提案し、「メルペイ」を通じて梱包資材を購入したり、売れた商品をその場で発送したりできる次世代型ワンストップ端末「メルカリポストプラス」も設置している。

 メルカリステーションの開店は、潜在的なユーザーによって手軽にメルカリを体験してもらうとともに、すでにメルカリを利用しているユーザーには身近に・便利に「メルカリ」を利用してもらうことを目的としており、運営を接客の知見を有する丸井スタッフが担当する。

 営業時間は11時21時(日曜・祝日は11時20時30分)となっている。

メルカリ、初のリアル店舗「メルカリステーション」をプレオープン