かつてスパコン「京」の運用終了に関し「2位じゃダメなんですか?」と発言し、物議を醸した蓮舫議員ですが、ここに来て新たなワードが世間を騒がせております。新型コロナウイルスの感染拡大に対応する第2次補正予算案の審議に関して、蓮舫議員がとあるIT用語を利用しネットが大騒ぎとなっております。

予算案でのとある発言「時代はクラウドなんですよ」

さて本日予算委員会のテーマとなったマイナンバーに関する話題。サーバーダウンしたり等によるサービスの低下に関しての蓮舫義委員のツッコミ

200万人の利用者が居たことによってサーバダウン。今後サーバーを増強させるという総理の発言に関して蓮舫議員は

image:いらすとや

サーバ増やすとかじゃなくて時代はクラウドなんですよ」

と、突っぱねた。

ITに詳しくない方であれば、サーバーを超えるものが「クラウド」なのだと理解するのかもしれません。しかしながらクラウドサーバーの集合体。つまり言っている内容は同じということで、この件に関してITの知識の多い方々から総ツッコミが入った。

結果「クラウド蓮舫」なる、皮肉めいた言葉が、SNSのトレンドに上がってしまったという事態に発展。

さらに「クラウド蓮舫とはなにか」「ファイナルファンタジー7のことか」など様々な連想ゲームが始まり、Twitter上のまさしくクラウド化されているTwitterサーバー群は「クラウド蓮舫」で溢れかえった。

そういった意味合いでは蓮舫議員の発言は時代の最先端を先取りしていたのかもしれません。

一方こちらの給付金もなかなか入金されないと嘆く方が多数ですが

桜田サイバーセキュリティ担当大臣の件しかり、国会でのIT関係の知識は安易に振りかざさないほうが良いようだ。



画像が見られない場合はこちら
時代はもうクラウド、クラウド蓮舫なる名言が飛び出しネット騒然