約4.7億件のオーディエンスデータを提供するDMP専業最大手、データマーケティングカンパニー株式会社インティメート・マージャー(本社:東京都港区、代表取締役社長:簗島 亮次、以下当社)は、ニュースサイトやポータルサイト、ブログなどを運営するメディアに向けたデータ利用同意管理プラットフォーム「IM-CMP」を6月11日(木)より提供開始することをお知らせします。

 昨今、ビッグデータ等のデジタル技術が普及したことで、企業においても個人データの取り扱い方やプライバシー保護に対する意識が高まっています。今年の1月にはグーグル合同会社がWebブラウザGoogle Chrome」の3rd Party Cookieサポートを段階的に廃止すると発表するほか6月5日には改正個人情報保護法が成立されるなど、ニュースサイトやポータルサイト、ブログなどを運営するメディアは、従来の収益モデルから変化を要される可能性があります。

 そこで当社は、3rd Party Dataを始めとしたさまざまなデータを正しく利活用できるメディア向けのデータ利用同意管理プラットフォーム「IM-CMP」の提供を開始しました。当サービスを利用することで、今後法令改正などの外的要因でブラウザの仕様変更が要された場合でも、国内の法令に基づいてユーザーから許諾を得ているさまざまなデータの利活用が可能になるため、現在の広告商品などの事業継続に加え、新しい収益モデルを生み出すことができます。

<「IM-CMP」サービス概要>
国内の法令に基づいてユーザーから許諾を得ているデータを利活用することができるメディア向けの利用同意管理プラットフォーム(Consent Management Platform:CMP)です。

メディアが利用する許諾管理サンプル画面


ユーザーページに表示されるポップアップサンプル画面

インティメート・マージャーhttps://corp.intimatemerger.com/
「世の中のさまざまな領域における、データを使った効率化」をミッションに掲げ、パブリックDMP市場シェアNo.1(※1)のデータ活用プラットフォーム「IM-DMP」を提供するダイナミックデータベース&ソリューション・カンパニー。約4.7億のオーディエンスデータと高度な分析技術により、IM-DMPの提供・構築支援、データ活用コンサルテイングを行っています。今後はSales TechやFin Tech、Privacy TechなどのX-Tech領域に事業を展開し、「データビジネスプロデューサー集団」を目指してまいります。

※1 出典:ITR「ITR Market View:メールWebマーケティング市場2019」パブリックDMP市場:ベンダー別売上金額シェア2016ー2018年度予測)IM-DMPおよびSelect DMPが対象
※2 一定期間内に計測された重複のないブラウザの数を示します。多くの場合、ブラウザの識別にはCookieが利用され、一定期間内に計測された重複のないCookieの数のことを示します。

配信元企業:株式会社Intimate Merger

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ