詳細画像はこちら

新型カイエンGTS スペックは?

ポルシェ日本法人が、SUVモデルの新型「カイエンGTS」、新型「カイエンGTSクーペ」の予約受注を開始した。

従来型は3.6L V6ツインターボを搭載していたが、新型では再びV8ユニットを採用したのがトピックだ。

詳細画像はこちら
日本導入が発表されたポルシェカイエンGTSクーペ。

これは、フラッグシップカイエン・ターボ用に開発された4L V8ツインターボで、従来型比で20ps、2kg-mのパワーアップを実現。

最高出力460ps、最大トルク63.2kg-mを発生し、スポーツクロノパッケージを装備した場合、0-100km/h加速は4.5秒をマーク最高速度は270km/hに達する。

従来型に比べて、0-100km/h加速を0.6秒短縮するほか、最高速度も8km/hアップしたことになる。

トランスミッションは8速ティプトロニックS。さらに、ローダウンされたパフォーマンス志向のシャシー、独自のデザインを組み合わせることで、新しいGTSパッケージを高い完成度に引き上げたのだ。

また、ポルシェが「感動的な聴覚体験を提供する」と謳う専用設計のスポーツエグゾーストシステムを標準装備。テールパイプを車体リアの左右に配し、高周波チューニングを行っている新開発パーツだ。

中央に配置される2本のオバールテールパイプは、カイエンGTSクーペのみに装備。将来的には、カイエン・ターボ・クーペにも展開される予定で、それぞれオプションライトウェイスポーツパッケージとの組み合わせで提供される。

新型カイエンGTS シャシーの作り込み

新型GTSのシャシーは、横方向のダイナミクスのレベルを高めるようにセッティング。

標準仕様のスチールスプリング・サスペンションは車高を20mm低くするとともに、ポルシェアクティブ・サスペンション・マネージメント(PASM)を搭載。

詳細画像はこちら
ポルシェカイエンGTSクーペのリアセクション。

このほか、ポルシェトルク・ベクトリング・プラスPTV Plus)も標準装備する。

ねずみ鋳鉄製の大径ブレーキフロント390×38mm/リア358×28mm)、赤くカラーリングされたブレーキキャリパーにより、SUVながらもスポーツカーに匹敵する俊敏性・瞬発力を披露するという。

オプションでは、タングステンカーバイドのコーティングを施したポルシェサーフィス・コーテッドブレーキ(PSCB)に加え、ポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ(PCCB)などが選択できる。

このほかにも、車高を10mmローダウンする3チャンバー・エアサスペンション、リア・アクスル・ステアリングポルシェダイナミック・シャシー・コントロールシステム(PDCC)などが用意された。

標準装備のスポーツデザインパッケージは、サテングロスブラックの21インチRSスパイダーデザインホイールを採用するほか、LEDヘッドライト/テールライトバーにダークカラーのティンテッド加工を施している。

さらに、フロントのエアインテークサイドインドウ・トリム、スポーツ・エグゾーストシステムのテールパイプ、リアのモデル名とポルシェロゴを、全てブラックで統一した。

内装/安全装備/価格

内装は、ルーフライニング、シートセンターパネル、センターコンソール・アームレスト、ドアに採用されているアルカンターラや、ダークブラッシュド仕上げのアルミニウムといった高品質な素材を採用。

標準装備される8wayスポーツシートは、高さのあるサイドボルスターがドライバーの身体を最適にサポートする専用設計品。

詳細画像はこちら
ポルシェカイエンGTSの内装(日本仕様は右ハンドル)。

フロントドア、ドアシル、レブカウンターヘッドレストにはGTSのロゴがあしらわれている。

なお日本仕様のカイエンGTSは、アダプティブ・クルーズコントロール、レーンチェンジアシスト、サラウンドビュー付きパークアシストコンフォートアクセスなど、海外仕様ではオプションとなる多くの装備を標準で搭載する。

カイエンGTSGTSクーペの日本価格は下記のとおりとなっている。

カイエンGTS1682万円
カイエンGTSクーペ:1752万円


ポルシェの記事
【V8ツインターボに】新型ポルシェ・カイエンGTS/GTSクーペ、日本発売 スペック/内装/価格
ロードテスト ポルシェ・カイエン・ターボS E-ハイブリッド  ★★★★★★★☆☆☆
【1950年代のデザインを最新版へ】ポルシェ911タルガ・ヘリテージ・エディション 992型タルガ4Sベース
ポルシェ911ターボS

【V8ツインターボに】新型ポルシェ・カイエンGTS/GTSクーペ、日本発売 スペック/内装/価格