ジョルダン株式会社は、iOS/Android向けアプリ「乗換案内」にて、「各駅停車優先検索」の無料提供を開始した。

withコロナ社会では混雑を避けるがキーワード

新型コロナウイルス感染症の拡大に一定の歯止めがかかり、生活が通常へと戻りつつある状況下ではあるが、第二波の到来にも備えさまざまな場面で混雑を避けることが求められている。公共交通機関もそのひとつで「混雑している電車・時間を避けた移動」へのニーズが高まっている。そこで同社は、「各駅停車」などより遅い種別の列車を検索する、ジョルダン乗換案内独自のサービス各駅停車優先検索」の提供を開始した。

ラッシュ時においては、目的地により早く到着するために「急行」などの速達列車に混雑が集中する一方、「各駅停車」などの列車は比較的空いている傾向にある点に着目。経路検索時に「各駅停車」など、より遅い種別の列車を優先するため、混雑を避けたルートを調べることができる検索機能となっている。アプリの経路検索画面の「検索設定」から「各駅停車を優先する」を「ON」にすることで、「各駅停車優先検索」を設定することができる。

今後もさまざまな角度から研究開発を推進

同社では、「各駅停車優先検索」の無料化のほかにも、「駅や車内の混雑情報の分析および案内」や「混雑が予想される路線や時間帯を避けた経路の案内」など、今後も混雑緩和のための様々な施策を検討しているといい、これからの「withコロナ社会」に向けたサービス展開を加速していく方針とのこと。

JR東日本も7月中旬をメドに、列車の混雑状況をほぼリアルタイム提供するスマートフォン向け情報サービス首都圏の主要な約20線区・区間に拡大することを発表しており、新型コロナウイルス感染を防ぐため、通勤や移動で人混みを避けたい利用者のニーズは非常に高まっている。移動を避けらない立場にいる人々にとって、アプリなどのサービスで極力混雑を避ける対策を取れる点は非常に心強いものになるに違いない。

ジョルダン株式会社