海蔵亮太が、2020年6月17日(水)、全国10カ所の介護施設に向けて、同時生配信オンライン慰問ライブを開催することがわかった。なお、オンライン慰問ライブを行うのは全国初となる。

海蔵は、認知症テーマに家族愛を描いたデビュー曲「愛のカタチ」が話題となり、第61回輝く!日本レコード大賞にて新人賞を受賞。この楽曲をきっかけに全国の病院や老人介護施設で積極的に慰問ライブを重ねてきた。

昨年末より全国から50を超える施設より慰問ライブのオファーが殺到している中、今年はコロナ禍の影響で慰問ライブの休止を余儀なくされてきたが、こんな時だからこそ、自身の歌で元気になってもらえたら、と本人発案によりオンライン慰問ライブ開催が決定した。

6月17日オンライン慰問ライブでは、SOMPOケア株式会社の協力のもと、SOMPOケア ラヴィーレ町田小山を含む、全国10カ所の施設に向けて、YouTubeライブ同時生配信を行う。各施設のリアクションをZoomを使って、リアルタイムで海蔵本人が確認しながら、双方向で行うオンラインライブになる予定。デビュー曲「愛のカタチ」、新曲「素敵な人よ」(6月10日発売)に加えて、往年の名曲、歌謡曲が披露される。

海蔵は、オンライン慰問ライブ開催にあたり「いつもは施設の方にお伺いして歌をうたわせて頂いていたのですが、この様な状況になり直接お伺いする事が難しいので、ネットを使って歌を届けられればと思っています。楽しみにしていて下さい!」とコメントしている。

海蔵亮太

海蔵亮太

海蔵亮太