愛知県豊田市内の小学校からの帰宅途中、女子児童A(当時小学1年生)が転倒し、手首の骨折や歯の欠損などの大けがを負った。転倒の原因は、同じ時間に一緒に下校していた近所の男子児童B(当時小学5年生)が背中を押したことだ。

 事件が起きたのは2018年10月25日午後3時過ぎ。現場は市内の新興住宅街の一角だった。正規の通学路だが、歩道はない。学校から近い場所だが、死角になる。被害児童の自宅まで約50メートルの場所で、かつ加害児童の自宅の目の前だ。姉Cは、Bと同じ学年で、転倒を目撃した。そのことで心に傷を負い、学校生活に支障が出てしまったという。

撃者は姉だけだった

 筆者は、AとCの両親に自宅で話を聞くことができた。

木曜日以外の曜日は、AもCも一人で下校するんです。ニュースで連れ去り事件が報道されて心配なこともあって、帰りの時間になると、いつも私は家の前で待っています」(被害女児Aと、目撃したCの母親)

 その日は木曜日だったために、一斉下校の日だった。登下校グループで帰宅することになる。現場付近を、A、B、Cの三人で歩いていた。AがBを駆け足で追い抜いた後、BがAを突き飛ばした。目撃者は姉のCのみだ。

 家の玄関先からは何をしているのかわからない。何をしているのかと思って、母親が近づくと、Bは「俺、やってねーし」と言っていたという。

「予定の時間を過ぎても帰宅しませんでした。遅かったので子どもたちを迎えに行ったんです。すると、現場でCが手招きをしていたんです。近づくと、Aは血だらけで、泣き声が聞こえました。目撃をしたのはCだけで、近所の人も見ていません」

心の傷になりフラッシュバック

 Aの母親によると、転倒したAは当時、顔が血だらけだった。顔をすりむき、1本の永久歯の半分を損傷したことが後にわかる。小5の男児Bと小1の女児Aとは明らかに体格差や体力差がある。

「Cの話では、BとCが歩いて話していたところ、その間をAが走って追い抜いたんです。それを見たBが、ランドセルを背負ったAの背中を押したんです。すると、Aが転んだんです。Cは妹が倒れ込んだのを見ています」

 Aは顔をアスファルトの地面に打ち付けた。そのため、顔や口から出血していた。その状況や血だらけの姿をCは見ていた。今でも、Cは心の傷になっている。

 Aは死ぬほどの恐怖を感じていたというが、なかなか言葉にはできないでいた。母親が気持ちを言葉にするために紙を渡した。Aはこう書いた。

「つきたおされたのがどうがになって心の中で見ちゃうのがしぬほどいやです。なぜかというとしんでしまうと思ったからです」

 つまりは、この日の出来事はAの心の傷になり、まるで、YouTubeなどの動画を見るかのように再体験しているのだろうか、フラッシュバックとして蘇るようだ。これは、心的外傷後ストレス障害PTSD)の症状の一つなのだろう。死を感じさせるほどの強いショック体験をした場合にPTSDとなると言われている。

 筑波大学斎藤環教授(社会精神保健学)は、「交通事故の目撃でもトラウマになる。転ばされて血が出るほどの怪我。生命の危険を感じても不思議ではない。たった1回の出来事でもトラウマになりえます」と話す。また、紙に気持ちを書かせることについては、「体験の言語化は意味がある」と述べる。

加害者となった少年から話を聞くも、謝罪はなし

 翌日昼ごろ、母親は学校に報告をした。学校側は、加害者となったBから事情を聞くことになった。担任が話を聞くと、転倒させたのを認めた。押したのは、ランドセルであり、理由は「AがBにぶつかったからだ」と話した。話が本当であれば、帰宅途中に、Aが、BとCの間を駆け抜けたときに、ぶつかったということになる。Bは「(Aのランドセルを)強く押していない」とも話していたと、養護教諭1年生の学年主任も確認した。

 Bの母親はA宅を訪問して謝罪した。ただし、B本人からの謝罪は「後日」となったが、「事件か事故かの認識の違いから決裂」したという(「市教委作成『いじめ重大事態』の経緯」2019年12月5日作成より)。

 Aは翌週の月曜日まで欠席、火曜日から母親が送迎することになった。筆者の取材時には、Aが室内で動き回って遊んでいた。気にするほどの傷は確認できなかったが、「以前よりはよくなったんですが、止まって、近くで話すと気になります」と母親は言う。

 11月1日に、Aは左手首に痛みを訴えた。整形外科を受診すると、左手首が骨折していることがわかった。1週間ほど、骨折を放置していたことになるが、Aは痛みを感じても我慢していたのだろうか。母は給食の補助などに通った。

 11月11日養護教諭が「一人の人間として話を聞くので、話をしませんか?」と言ってきた。母親は承諾し、学校の会議室で話をし、思いを吐き出すことができた。養護教諭に「(その思いを)校長先生だけには話してもいいかな」と聞かれ、「はい」と返事をした。

両親は「Bに近づけないで」とお願いをしていたが……

 11月12日、Aの両親が、(1)今回の事件を、いじめ防止対策推進法による重大事態として捉えてほしい、(2)今後も続く治療のこともみてもらいたい、(3)姉のCに影響がないようにしてほしい、との3点を要望した。

 翌13日、加害者のBの両親は、学校を訪問した。Bが通学班を外れることを受け入れた。そしてA宅へ行き、母親に謝罪したが、「いまさら来られても遅い」と被害者の両親は伝えた。話し合いの中で、Aへの配慮がないことが一因だった。

 Aの母親は「受けた被害は、いじめ防止対策推進法における重大事態にあてはまると思います。しっかり対応してほしい」とBの両親に伝えた。

 翌14日には、校内で学芸会が開かれた。しかし、Cの近くに、Bが座っており、そこでも配慮がなかった。この頃、両親は「Bに近づけないで」と校長にお願いをしていた。担任にそのことを告げると、「私たちのところに情報が降りてきていない」との返答だった。親の要望を校長に伝えていたのに、担任には伝わっていないということなのか。

 この件について、母親が校長に事情を聞くと、「すみませんでした。全職員で共有します」と話した。配慮が必要なことだけに、あまりにも杜撰な対応である。

 一方、気になることもあった。

「数日後、学校が加害者の家に連絡をしたようです。すると、加害者宅に住んでいるBの祖母と思われる女性が、毎朝、ずっとこっちを見るようになりました。そのことが一定期間続いたので、嫌な気持ちになりました。Cは集団登校できなくなり、(近いのに、私が)車で送迎するようになりました。校長に聞くと、『(加害者の両親に)言いました。正確には、メモを見ないとわからない』と言っていたんです」

児童福祉法による「触法少年」

 その後、Aは「気持ち悪い」と言い出し、頭が痛いと訴えるようになったという。「いまでも、PTSDの症状で通院しています」と母親は語る。

 斎藤教授はこう指摘する。

「謝罪の有無以上に、学校の対応が不誠実です。子どもたちを保護すべき教師たちが、加害者の肩を持つ対応をしたんです。加害児童にも謝罪をさせない。これは、加害者側に立った対応と思われても仕方がない。非常に、安全、安心を脅かす対応です。PTSDがこじれても不思議ではない。加害児童の直接の謝罪はあるべきです。謝罪と処罰は絶対必要なのです。しなかったのは間違いとしか言いようがない」

 12月7日。豊田署に被害届を出した。あとになって、弁護士照会で入手した資料によると、Bは、Aに対して全治6週間の左手首骨折と、全治3週間の永久歯の怪我を追わせたとして、児童福祉法による「触法少年」として扱われたという。

「この件に関しては、市の条例に基づいて、個人情報の開示請求をしました。すると、学校が作成した報告書はないということで、開示されませんでした。学校の対応はあまりにおかしいと思いました」

被害児童の発言は『校長先生が許可しない』

 冬休み明けの2019年1月、Aは「自分がされたことを言いたい」と言い出し、通学のグループで発言しようとした。通学のグループでは、月1回、話し合う場を設けている。そこでは、自分の気持ちを自由に言える。

「しかし、先生に止められたんです。『校長先生が許可しない』と。親としては、このことを言えるようになれば、心が強くなるかもしれないと思ったんです。しかし、校長は、『誰かのやった悪いことを知らしめることになるから』と言いました。当時は、まだ学校を信じていたので、何をするにも、事前に一報を入れていたんです。それに、見張るかのように、会合のある教室に、教頭がいました」

 1月25日、加害児童Bが、警察に出向いた。翌日、少年課から電話があり、「厳重注意にした」との連絡だった。学校に報告すると、学校は何もすることがないと話すだけ。

 いじめかどうかについては、「継続されているわけではない」「突発的なもの」として、静観することになった。いじめ防止対策推進法では、それらは問われない。また、いじめによって、怪我をすれば、重大事態に認定できる。

 学校は、「加害児童(B)は、『謝りたい』という気持ちは持っている」と、Aの両親に説明をしているが、納得しない。

「その気持ちが本当であれば、手紙を書く、などの対応はいくらでもあるはずです。教師が、その方法を考えられないということはないのではないでしょうか。本当に、適切な指導がされているのか、調査委員会を開いて、知りたいのです」

「あのとき、死ぬかと思った。怖かった」

 事件から3、4ヶ月後、転倒をしたAも、目撃したCも、当時の状況をようやく両親に口にした。

 A「あのとき、死ぬかと思った。怖かった」

 C「私もそう思った」

 Cは、この事件の当事者ではなく、目撃者だが、トラウマ反応が起きているようだ。

「きょうだいではなおのこと、自分が助けられないという罪悪感が生じているのかも。トラウマ的な傷つきはありえる」(斎藤教授)

 2019年4月、校長が異動になり、新しい校長になった。このとき、AとCの母親は改めて、いじめ防止対策推進法の「重大事態」として扱ってほしいと申し入れをした。校長は「問題行動ではない」「児童相談所との連携は必要はない」との返事だった。

 保護者説明会を開催し、学校側から報告をするように求めても、校長は「時間が経ってしまっています。平日の夜に、保護者を集めるのも大変でしょう」と煙に巻いた。

 Aは2019年4月に他の小学校に転校した。9月になると、姉のCも学校に登校できなくなった。これまでの経緯から、Bと校内で近くにいること自体が精神的苦痛になっていたからだ。

「1回(の暴行事件)でもPTSDが起きます」

 10月11日、この件に関する学校内のいじめ対策委員会が開かれた。開示資料によると、校長、教頭、教務主任、校務主任、保健主事、生徒指導主任、相談主任、学年主任、養護教諭。以下の3点を結論を出している。

1) 本行為は「いじめ」であり、さらに、「いじめの重大事態」にあたる。AとBは当事者間は、一定の人間関係にあり、Aは大きなけがを負ったこと、これに関わる行為に関して欠席が33日あったこと、その後、PTSDと診断されたこと、結果的に転校を余儀なくされたことが理由になっている。
2) Bが姿を見せることで、Aの姉であるCが不快な気持ちになることはいじめには当たらない。理由は、BはCに何もしていないためだ。
3) 本行為は「いじめ重大事態」にあたるが、全貌は明らかであること、Bの突発的な行為によるものであることから、第三者委員会は開催開催しない。

 この結果は、11月1日、AとCの両親に面談し、校長から委員会の結論として書面で回答した。3日に加害男児Bの父親に口頭で「いじめ重大事態」と伝えたという。

「ただ、Aの転校前は、重大事態と認定されていませんでした」(母親)

 その後、2020年2月24日、AとCの両親は、豊田市と市教育長あてに要望書を提出した。「被害者側が望む調査、報告が行われていない」などとして、あらためて、いじめ防止対策推進法のもとで調査委員会の設置をお願いした。

 3月30日、市教委からの回答が寄せられた。それによると、〈Aの被害は認め、学校としての調査をして事実関係が十分に明らかにされた〉〈また、Aに対する「いじめ」は、今回の件以外には認められなかった〉とした。その上で、学校としては、再発防止や全体指導を行なっており、AやBに再度聞き取り調査をすることは、過度に心理的負担を与えるとして、調査委員会の設置はしない、というものだった。

「1回(の暴行事件)でもPTSDが起きます。まして、怪我もしています。市教委が、対応しないのはありえない」(斎藤教授)

「県外に引っ越しをすることにしました」

 今年4月、Cが入学した中学校の担任と面談を行った。

小学校からの申し送りは詳細ではないようです。小学校での対応、なぜ不信感を抱くようになったのかなどは、知らない様子でした。ただ、学校側からは『(BとCの)クラスを端と端で分ける』『会わせないように配慮する』と伝えられました」

 加害者からはいまだに謝罪もないという。Aの母親は、今後も指導を行っていくのか、と学校側に聞いている。

「『今のところ考えてはいなかった』『私たちにそれを決める権限はない』との返事でした。謝罪もさせていない生徒に指導をしないんですね。だから未だに家の前を平気で通るんですよ」

 小学校からの問題を解決できずに、結局、中学まで持ち越しをしてしまった。教員が異動してしまえば、指導の継続性もままならず、時間が経てば、「まだそのことで?」などと言われかねない。これでは加害者が近所にいることもあり、生活がしにくくなる。

「今でも、AとCの2人は現場を通ることができません。B(加害児童)と同じ学年のCを同じ中学に通わせるのは難しいです。転校を考えています。安心して預けられませんし、Cも同じ学校には通いたがらないのです。県外に引っ越しをすることにしました」

 斎藤教授は「家族が100%被害者の側に立って、対応したことは非常によかったと思います。結果として改善につながらないとしても、AとCには、『家族が自分のために闘った』という記憶が残るので、非常にいい対応だと思います」と述べる。

 他県に引っ越しをすることになったことについては、こう指摘した。

「同じ県内なら、どこに行っても同じだと思ったのではないか。しかし、これがいまの学校の平均的な対応なのです。被害者は、泣き寝入り。転校をすることになります。それが学校側には成功体験となってしまっています」

「校長も市教委の担当者も一生懸命に対応したとは思います」

 豊田市教委学校教育課は電話取材に応じ、一連の事実関係は大筋で認めた。その上で、「もともとは、被害児童の保護者からいじめという訴えはなく、傷害事件という捉え方でした。しかし、昨年の秋ごろ、いじめの重大事態ではないかとの訴えがなされました」と説明した。

 学校でのいじめ対策委員会での会議を経て、学校としても市教委としても「いじめの重大事態」として認定したが、第三者調査委員会の設置は見送った。

アンケート調査でも他のいじめが確認できず、教員たちからも報告はありませんでした。また、警察でも、加害児童と保護者から事情聴取を受けています。被害児童の気持ちもわかりませんでした。そのため、これ以上調査することは困難と判断しました。また、学校としても再発防止策を取り、加害児童への指導も終えていることも、考慮しました」

 姉妹2人が転校することになったが、学校の対応は適切だったのだろうか。市教委としては「事件が起き、初期の対応の中で、被害児童の側と加害児童の側ですれ違いが起きたものとみています。事件当時、すぐには『事故報告書』があがっていないので、なんとも言えませんが、すぐに報告がされていれば、学校と一緒になって助言はできたとは思います。ただし、その時の校長も市教委の担当者も一生懸命に対応したとは思います」と、振り返った。

「Cちゃんはとばっちりですよね」

 学校とのやりとりで、こんなことがあった。Aが2019年4月に転校し、Cが不登校になったときのことだ。

 母「誰を守りたいんですか?」

 校長「Aちゃんです」

 母「もう(転校したので、学校には)いないですよ。Cが学校に行けないのはなんなんですか?」

 校長「Cちゃんはとばっちりですよね」

「このときの『とばっちり』という表現に違和感を抱きました。その表現は適切なんでしょうか。それとも、その程度のこと、と言いたいんでしょうか。怒りの感情が沸きました」

 事件から1年半が経つが、姉妹の心の傷は未だに癒えていない。

(渋井 哲也)

写真はイメージです ©iStock.com