メインビジュアル

一般社団法人日本野球機構(以下、NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(以下、 KONAMI)は、『日本生命 “バーチャルセ・パ交流戦 powered by eBASEBALL』(略称:日本生命 バーチャルセ・パ交流戦)の、中日ドラゴンズvs福岡ソフトバンクホークス(球場:ナゴヤドーム)と、広島東洋カープvs埼玉西武ライオンズ(球場:マツダスタジアム)の2試合を6月14日(日)20時から配信しましたので、試合結果をお知らせします。

1試合目は中日が橋本侑樹、ソフトバンク千賀滉大ナゴヤドーム、2試合目は広島が山口翔、西武は高橋光成マツダスタジアムのマウンドに立ち、先発登板しました。
配信では、プロ野球選手等から新型コロナウイルス感染症対策で頑張る皆さまへ向けたメッセージ動画等が紹介された他、解説にはプロ野球OBのG.G.佐藤さんが登場。G.G.佐藤さんは、「やっぱり野球は楽しい。いよいよ開幕も近づいてきたので、選手とファンの皆さん一緒になって盛り上げていきたいですね」と感想を述べられました。

なお、明日6月15日(月)20時からは、ソフトバンクvs巨人(PayPayドーム)、西武vs阪神(メットライフ)の試合を公式チャンネル等で配信する予定です。
先発は、1試合目がソフトバンク千賀滉大、巨人:桜井俊貴が、2試合目は、西武:今井達也、阪神:高橋遥人となります。

プロ野球開幕に先駆けて、バーチャルで躍動するプロ野球選手たちの活躍にぜひともご注目ください!


『日本生命 “バーチャルセ・パ交流戦 powered by eBASEBALL』
NPBKONAMIが共催する「eBASEBALL プロリーグ2019シーズンで活躍した12球団の代表プロプレイヤー達が、今回のために用意した最新の移籍状況や新入団選手など特別な選手データが反映された、家庭用ゲーム実況パワフルプロ野球2018』(※1)を使って、プロ野球さながらの熱戦を繰り広げました。
※1:選手データは2020シーズン特別版。実際の商品とは異なります。

【視聴URL
全ての試合は、以下のサイトにて、無料でご視聴いただけます。
NPB eスポーツ公式YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UC2QZ_00ZrbRv_LiXIulpk1w
KONAMI公式チャンネル https://www.youtube.com/user/KONAMI573ch
OPENREC.tv https://www.openrec.tv/user/KONAMI573ch


---------------------------------------------------------------------------------------------------
試合結果

---------------------------------------------------------------------------------------------------
■中日(脇 直希)
4-6 ソフトバンク(大石 直弥)
先発:中日 橋本侑樹、ソフトバンク 千賀滉大


中日の先発はドラフト2位ルーキーの橋本。捕手にも郡司を起用し、交流戦の初戦をルーキーバッテリーに託した。

0614_1回表 橋本、柳田


一方のソフトバンクも育成出身のリチャードを三塁で先発に起用し、若手に注目を集める一戦となった。
中日は初回、ビシエドの犠飛で1点を先制。援護を受けた橋本も郡司の強気のリードに応えるピッチングでソフトバンク打線を抑えるが、4回にデスパイネに一発を浴び同点に追いつかれると、ソフトバンクは7回、松田宣が値千金のソロHRを放ち逆転に成功。

0614_4回表 デスパイネ ソロHR


9回にもグラシアルのタイムリーリチャードに待望のプロ初HRとなる2ランが飛び出すなどリードを広げる。

0614_9回表 リチャード 2ランHR


中日はビシエドのソロHR、堂上、根尾のタイムリーで2点差まで迫るも反撃もここまで。ソフトバンクが辛くも逃げ切って6-4で接戦を制した。



■広島(徳田 直也) 4-10 西武(前田 恭兵)
先発:広島 山口翔、西武 高橋光成


広島・山口、西武・高橋光成の両先発で始まった試合は、息詰まる投手戦となり、4回まで膠着状態に。

0614_1回表 山口、源田
0614_1回裏 高橋光成、メヒア


試合が動いたのは4回、西武が山川のソロHRで先制するも、その裏広島は安部、野間の連続タイムリーで2-1と逆転。しかし、西武は5回に代打・川越の2ランHRで再逆転。

0614_川越 代打逆転2HR


広島もその裏に、西川のタイムリーで再び同点に追いつくと試合の流れは予想できない展開に。
6回、西武・中村がソロHRで勝ち越すと、7回には1番・源田がライトへ3ランHRを放ちリードを広げる。

0614_7回裏 源田3ランHR

カープは7回、メヒアのバックスクリーンへのソロHRで1点を返すも、8回には西武が森、中村の2者連続HR、9回に源田の2打席連続HRを放ち勝負あり。10-4で西武が勝利した。

---------------------------------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------------------------------------

ロゴ

「今年は、想いを交流させよう。」
ロゴも、ソーシャルディスタンスに。
お家(ホーム)で楽しもう。



【試合 配信日程/実況・プロ野球OB解説ゲスト(予定)】 敬称略

6月15日(月)20:00
OB解説:里崎智也 実況:槙嶋範彦 ゲスト稲村亜美
1.ソフトバンクvs巨人 (PayPayドーム
2.西武vs阪神 (メットライフ

6月16日(火)20:00~ 
OB解説:ギャオス内藤 実況:1.清水久嗣、2.槙嶋範彦 ゲスト稲村亜美
1.日本ハムvs中日(札幌ドーム) 
2.ロッテvs広島 (ZOZOマリン

6月17日(水)20:00~ 
OB解説:真中満 実況:1.清水久嗣、2.槙嶋範彦
1.オリックスvsヤクルト (京セラD大阪) 
2.楽天vs DeNA (楽天生命パーク

【キャンペーン】
「日本生命 バーチャルセ・パ交流戦Twitterプレゼントキャンペーン

キャンペーン対象ツイート配信 ~ 2020年6月21日(日)23:59まで

「日本生命 バーチャルセ・パ交流戦」の開催を記念して、Twitterプレゼントキャンペーンを実施します。eBASEBALL公式Twitterをフォローして、イベント期間中に毎日投稿されるキャンペーンツイートに応募していただくと、抽選で素敵なグッズプレゼント!詳細は公式SNStwitter:@eBASEBALL_Pro)をご覧ください。

【開催趣旨】
全国的にスポーツイベントの実施が難しい状況下において、プロ野球も例年より遅い開幕を迎えることになりました。開幕を心待ちにされているプロ野球ファンの皆様に、少しでも楽しい時間を過ごしていただければと、3月29日(日)から4月6日(日)の全6日程・12試合でプロ野球応援企画「プロ野球バーチャル“開幕戦powered by eBASEBALL」を実施し、多くの方に配信を通じて応援し、喜んでいただくことができました。
プロ野球界は6月19日の開幕に向けて準備を進めておりますが、今回は「プロ野球応援企画」の第2弾として、残念ながら中止となった「セ・パ交流戦」に代わり「日本生命 バーチャルセ・パ交流戦」として実施することになりました。いよいよ近づきつつあるプロ野球開幕に向けて、ファンの皆さまには前哨戦をご覧いただき、機運を盛り上げていただければと思います。
新型コロナウイルスの対策にあたっては、日々、懸命にご尽力をいただいております医療関係をはじめ、各関係機関の皆様に心からの感謝と敬意を表します。本企画の中では、プロ野球界として取り組んでいる施策や感謝のメッセージをご紹介させていただきます。毎日を頑張っておられます皆様と心を合わせて、前向きな気持ちになれればと切に願います。

新型コロナウイルス感染症 対策について】
・試合は、全てオンライン対戦で実施します。
・実況、解説の収録については、出演者・スタッフともに事前に体調を確認した上で、政府等の方針に基づく感染症予防対策をしながら実施します。また、出演シーン以外はマスクを着用、運営スタッフは常時マスクを着用します。
・収録は無観客で実施します。

【全賛同企業】
タイトルパートナー

日本生命保険相互会社



■賛同企業 ※五十音

カシオ計算機株式会社


カルビー株式会社


株式会社ゲオ


大正製薬株式会社


日産自動車株式会社


日本コカ・コーラ株式会社


株式会社三井住友銀行


楽天株式会社



■公式サイト:https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/page/v_interleague_2020/
著作権表記:(C)Nippon Professional Baseball / (C)Konami Digital Entertainment

配信元企業:株式会社コナミデジタルエンタテインメント

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ