アメリカで起きた黒人男性死亡事件を契機に、サッカー界でも声を上げる選手が増えている。

レアル・マドリーDFマルセロも再開初戦で得点を決めた後、ひざまずくポーズを見せた(以下動画1分20秒~)。

この投稿をInstagramで見る
Merengues entraram com a força toda e resolveram o jogo na 1.ª parte 🔥 #LaLigaEleven
Eleven Sports Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿 -

片膝をついて、右手を掲げるポーズだ。

【関連記事】「ゲイ、コカイン…突然の引退から復帰した4つのケース」

そうしたなか、モナコプレーする元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが、サッカー選手が声を上げることについて言及した。『Guardian』のインタビューでこう述べたそう。

セスク・ファブレガスモナコMF)

「僕らにはこのプラットフォーム(SNSなど)がある。メディアを通じて、世界にポジティブな影響を与えられる。

よりよい世界のために僕ら全員は戦っている」

「将来、(サッカー界で)ゲイと名乗り出る人間がいるだろう。

最初はみんな変だと思うかもしれないし、バカな奴らは間違いなく何か言うはずだ。

だけど、誰が名乗り出た後、また別の誰かが名乗り出る、そして、また誰かが…。

そうすれば、全てが普通になり、僕らはそれが当たり前のことのように話すだろう。

いつかそうなるだろうし、何が起きても僕らが結束し続けることを願っている」
セスク、サッカー界でゲイが普通になることを願う