女優の水原希子が「最も美しいランキング」にノミネートされたことを受け、同ランキングに苦言を呈し、話題になっている。

 TC Candlerが毎年発表している「最も美しいランキング」。世界中から100人の美しい顔を持つ有名人が選ばれ毎年注目を集めており、年々日本からのランクイン者が増えていることなども話題になっている。

 現在はノミネート期間ということもあり、日本版のインスタグラムアカウントでは多くの日本の女優がノミネートされていることが発表されているが、その中の一人に選ばれているのが、水原。しかし、これを受け水原は13日にインスタグラムストーリーズを更新し、「また始まった。最も美しいランキング 本当に失礼だと思う」と苦言。「顔に順位を決めるランキング 2020年にこんな事やってるなんてくるってる。そしてそれを取り上げるメディアもどうかと思う。 美の基準なんて皆それぞれだし、これは本当におかしい。謎」と厳しく批判した。

 ​>>酔った客が腰に手を回す、抱き着く…水原希子、ロケでの「セクハラ行為」の対応に称賛の声<<​​​

 さらに、水原は「見た目で人を判断するのは絶対違うと思うし、そもそも一番美しい人を選ぶ事は不可能。このランキングによって偏った美の概念やステレオタイプな考えを広めて欲しくない」と見た目の美醜をランキング化することへ改めて反論し、「いくら容姿を綺麗にしていても人に優しくなかったり、意地悪な人は美しいと言えないと思うのです」「私は心が美しい人が美しい人だと感じます」とつづっていた。

 この投稿に、ネットからは「本当に人の容姿をジャッジする権利なんて誰にもないと思う」「正論でしかない」「確かに勝手に順位付けられてこの価値観に加担してると思われるのは嫌よね」といった称賛が殺到。しかし、一方では「美を評価すること自体は悪いことではないと思う」「モデルルッキズム批判するってズレてる気がする」「毎年楽しみにしてるのに水差された」という声も見受けられた。

 「水原と言えば、2019年1月9日にもノミネートされたことを受け、ツイッターで『美の概念なんてみんな違うのに、まるで世界の基準みたいに、堂々とネットで拡散されても』と苦言。『誰のためのランキングなの?』と疑問を呈していましたが、今年はよりはっきりとした形で批判を展開しました。『最も美しい顔』のランキングを喜ぶ人がいる一方、見た目を順位づけるという行為に以前から疑問の声が上がっており、それが水原の厳しい批判とマッチして多くの共感を呼んだようです」(芸能ライター)

 毎年苦言を呈すもののノミネートされ続ける水原。果たしてランキング自体が見直されることはあるのだろうか――。

記事内の引用について
水原希子公式インスタグラムより https://www.instagram.com/i_am_kiko/
水原希子公式ツイッターより https://twitter.com/kikoxxx

水原希子