複数の女性との不倫が明らかになったアンジャッシュの渡部建さん(47)の相方・児嶋一哉さん(47)に対し、かつてない注目が集まっている。

児嶋さんは2020年6月12日、渡部さんがレギュラー出演する「GOLD RUSH」(J-WAVE)に代役として出演。「本当にバカですね。大バカ」「もう天狗だったんですよね」と、相方の失態を涙ながらに謝罪した。児嶋さんのラジオ出演に対し、ネット上では「児嶋さん頑張って あんたが泣くことない」といった励ましの言葉が殺到したほか、「いい加減アンジャッシュ児嶋に謝罪させるの止めろや。相方だからって児嶋が謝る必要はないでしょ」といった声も上がるなどした。

「僕の弱い部分もあいつを甘やかした」

児嶋さんの渾身の謝罪には、これら、励ましの言葉や児嶋さんが謝罪するのは筋違いだとする声など、さまざまな声が上がるなどしたが、番組出演中の児嶋さんは併せて、自身と渡部さんとのコンビ間の関係について言及。その箇所を見てみると、

「僕なんかより全然売れているっていうのもあって、アンジャッシュの関係性的にも中々こう叱るというのが立場的にもしづらくて、あんまりあいつに何かを言うっていうことは本当に10年ぐらいなかったかもしれないですね」
「やっぱ立場的には僕の方が弱かったですよ。なんかあっても俺が言って変な空気になって、『本番で急に冷たくされてもなあ』とかそういう情けない思いもあったりした、こういう僕の弱い部分もあいつを甘やかしたんだなあって思ったりもしてますね。でも、ダメですあいつは。本当に大バカヤローですよ」

と、アンジャッシュの「パワーバランス」を明かしつつ、渡部さんが増長する一因は自らにもあったのではないかと自省したのだった。

お笑いコンビとは基本的には相方とは対等な立場で芸能活動を行っていくものだが、中には「上下関係」とも思われる関係性を保ちつつ芸能活動を行うコンビが存在してきたこともまた事実。その中でもアンジャッシュは、2017年2月1日に放送された「一周回って知らない話」(日本テレビ系)で、本人たちが「ガチで仲悪いです」「仲良くある必要もないと思っているんです」と、テレビ番組で不仲を公言してしまったという「実績」で知られるほか、同番組中で児嶋さんが渡部さんの収入が思いのほか高かったために「うわー!」と絶叫するワンシーンがあるなど、その「格差」がたびたび話題になってきたほどだ。それを考えると、仮に児嶋さんが、渡部さんについて増長の兆候を感じ取っていたとしても、それを指摘するのはコンビの「構造上」、不可能だったということになる。

ナイナイ矢部の叱責が「たたき台」になるか

ただ、皮肉な話ではあるが、不祥事が起きてしまったがゆえにコンビ間の上下関係が変化し、それまで立場が弱かった側がきちんと物申せるようになるとすれば、それは、結果的にではあるが、今後の不祥事を予防することにつながることになるのではないだろうか。その「たたき台」となりそうなのが、「ナインティナイン」の岡村隆史さん(49)の新型コロナウイルスに関する発言を「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)で叱り飛ばした矢部浩之さん(48)だ。

通常、矢部さんは岡村さんに呼びかける際には「岡村さん」と呼びかけることが多いが、4月30日の同番組に「乱入」してきた矢部さんは、岡村さんに対して終始、「あなた」と呼びかけ、4月23日の同番組での岡村さんの問題発言を糾弾。高校時代のサッカー部に由来する岡村さんと矢部さんの「先輩・後輩」関係を超越した、相方としての対等な立場で岡村さんを懲罰した結果、ネット上には「叱ってくれる人の存在は本当に貴重なんだなと、昨夜のANNを聞いて実感した」といった声があふれたのだった。

翻って、渡部さんの一件により、アンジャッシュの上下関係は「リセット」されたと言って良い状況だ。だとしたら、それはすなわち、「アンジャッシュ」というコンビの「正常化」が始まるということではないだろうか。

j-CASTニュース編集部 坂下朋永)

渡部建さん(2017年撮影)