6月19日(金)公開の映画「ドクター・ドリトル」で、斉藤壮馬演じる犬のジップが、藤原啓治さん演じるドリトル先生とともに女王様の謎の病気を診察するシーンの、日本語吹き替え版本編映像が解禁となった。

【写真を見る】ジップがドリトル先生へ報告するシーン「怪しい匂いがしますね…」

本作は、「アリス・イン・ワンダランド」(2010年)、「マレフィセント」(2014年)のスタッフキャストが結集し、世界的ベストセラーを基に新たに生み出したアクションアドベンチャー

監督は、アカデミー賞受賞歴を持つスティーブン・ギャガン、主人公“動物と会話ができる名医・ドリトル先生”は、ロバートダウニーJr.が演じる。

動物役のボイスキャストには、エマ・トンプソン、ラミ・マレック、オクタビア・スペンサーマリオン・コティヤールら有名俳優陣が名を連ねる他、レイフ・ファインズ、歌手のセレーナ・ゴメス、トム・ホランドといった、個性豊かな顔触れが集まった。

本作の日本語吹き替え版でロバートダウニーJr.演じるドクター・ドリトル役を務めるのは、これまでも「アベンジャーズシリーズや「シャーロック・ホームズシリーズでもダウニーJrの吹替えを務めてきた声優・藤原さん。そして、字幕版ではトム・ホランド吹き替えを務めた犬のジップ役は、声優・斉藤が担当する。

ダウニーJr.の実写でおなじみの藤原さんの渋い声と、ドリトル先生に忠実なジップの姿を的確に捉えた斉藤のキュートに寄せた声色が夢の共演を果たしている。

その他、日本語吹き替え版のキャストを石田ゆり子、八嶋智人霜降り明星小野大輔朴ろ美中村悠一花澤香菜沢城みゆきらが担当する。

■ 女王を診察するシーン日本語吹き替え版本編映像が解禁に

今回解禁された本編映像は、藤原さんが声を務めるドリトル先生と、斉藤が声を務める犬のジップが重い病に倒れた若き女王を診察するワンシーン

女王の部屋に到着したドリトル先生が「さぁ、ジップ。匂いを嗅ぐんだ」と指示を出すと、ジップはワンッと鳴きながら駆け出し、そのままずかずかと女王様のベッドの上へ。

大胆な行動にどよめく家来たちに目もくれず、女王様の顔の目の前へとやってきたジップは、クンクンと女王様の顔の匂いを嗅ぎ、そのまま頬をペロリとなめる。

その後、何かを考えるそぶりを見せながらドリトル先生の元へ戻ってくると「怪しい匂いがしますね…。花の匂いと土の匂いの…」と自身の見解を述べ始め、最後には「頭の中がハテナだらけ!こんな匂いは初めてです!」と報告。

鼻の利くジップがお手上げ状態となってしまったことで、ドリトル先生は部屋の水槽で飼われているタコのレオナにも聞き取り調査をする。

動物と会話をしながら、女王様の診察を進めていくドリトル先生の姿にお城の召使いたちはけげんな表情。

病気の正体の解明も雲行き怪しい様子だが、果たしてドリトル先生と動物たちはその謎を突き止めることはできるのか、という本編の内容が垣間見られる映像となっている。

■ 「ドクター・ドリトルストーリー

動物と話せるドリトル先生は、名医だが変わり者。世間から遠ざかり、さまざまな動物たちとひっそりと暮らしていた。

しかし、若き女王が重い病に倒れたと聞き、ドリトル先生は女王を救える唯一の治療法を求めて伝説の島へと冒険の旅に出発する。

一緒に行く仲間は助手のスタビンズ少年と、ドリトル先生が最も信頼する親友である頑固なオウム、臆病なゴリラ、とぼけたアヒル、陽気なシロクマ、皮肉屋のダチョウなど個性豊かな動物たち。

ほかにも、メガネを掛けた忠実な犬や、おしゃべりなキリン、賢くて勇敢なキツネ、昆虫など数多くの生き物が登場。旅の中で明らかとなっていく、ドリトル先生の過去、国を揺るがす陰謀、物語はめまぐるしく動き出す。(ザテレビジョン

藤原啓治さん、斉藤壮馬が共演した映画「ドクター・ドリトル」の本編映像が公開された