なぜかゲーム産業に並々ならぬ興味を示す「ケンタッキーフライドチキン」のフィリピン支部が、あつまれ どうぶつの森にて「公式ケンタッキー島」オープンしたことを発表した。海外メディアUnGeekなどが報じている。

 発表に際して投稿された映像では、かわいいカーネルおじさん姿の島民が公式ケンタッキー島を紹介する様子が収録されている。

 マイデザインで本物そっくりに作られたケンタッキーフライドチキンや、「KFC」と書かれた小島、謎の宝箱が置かれた場所など、ケンタッキーフライドチキンに関係するものからそうは見えないものまで。これを報じたUnGeekは、宝箱の中には門外不出、ケンタッキーフライドチキンの味付けに使う11種類のスパイスレシピが入っているとにらんでいる。

 この島はプロモーションの一貫として公開されたもので、プロジェクトを担当した広告代理店オグルヴィは、過去に「コカコーラ」ARアプリや、FIFA 2020』を使用した「バーガーキング」のプロモーションフォートナイトを使ったチョコレートブランド「ミルカ」とのプロモーションなど、飲食業界とビデオゲームをつなげる企画を実施してきた。

 今回の『あつまれ どうぶつの森』を使ったプロモーションでは、Facebookで幸運にもパスワードを手に入れたむらびとは、島に赴き自由に観光することができる。特典はそれだけではなく、島に居るカーネルおじさんを見つけ出せば、8ピースのオリジナルチキン(日本では1960円)が無料になるクーポンコードを貰えるという。

 残念ながらフィリピン以外では使えないようだが、本企画が興味深いプロモーションであることは間違いない。

(画像はKFC Philippines公式Twitterアカウントより)

 ケンタッキーフライドチキンは、これまでにもビーガン向けのバーガーとeスポーツを結びつけた「eスポーツパフォーマンスバーガー」や、True4K 120fpsを謳うオリジナルゲーム機「KFConsole」カーネルおじさんとの恋愛ゲーム『I Love You, Colonel Sanders!』など、ビデオゲームを絡めた奇妙なプロモーションを実施している。ゲーム専用の「KFC Gaming」というアカウントTwitterで運営しているほどゲーム好きなケンタッキーフライドチキンが、大人気ゲームあつまれ どうぶつの森』に目をつけるのは時間の問題だっただろう。

 『あつまれ どうぶつの森』マイデザインで作った企業のアイテムを配布するプロモーションはさまざまな企業が行っているが、実際に島を作ってほかのプレイヤーを招待するほど気合いを入れたプロモーションを行う企業は少ないのではないだろうか。ゲーム好きが高い地位に上り詰めていそうなケンタッキーフライドチキンが作る島は、フライドチキンが貰えなくても一度は見てみたい。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros