ディエゴ・マラドーナ 写真提供: Gettyimages

2020年6月17日午前、宮城県の上空で白い物体が浮いているのが目撃された。UFOではないかと、テレビニュースSNSなどで話題となっている。

あなたは宇宙人の存在は信じるだろうか?世界中でその存在を証明するような事件は起こっているが、実際に目の当たりにしていなければ信じることは難しいだろう。

サッカー界にも、宇宙人と接触したと語っている選手が数人いる。彼らに起きたエピソードをまとめてみよう。信じるか信じないかはあなた次第だ。


ジェルモ・マリーノ 写真提供: Gettyimages

マリーノ

20052010年にはアルゼンチンのボカ・ジュニアーズに所属していたギジェルモ・マリーノは、宇宙人と接触した。ウニベルシダ・デ・チレ(チリの首都サンティアゴ・デ・チレに本拠地を置くサッカークラブ)時代に同僚だったグスタボ・ロレンセッティが『Lado B』というテレビ番組で明らかにした。

ロレンセッティによると、マリーノはクラブの練習に行く途中に何故か道に迷い、宇宙人にどこかに連れて行かれて魂を抜かれたという。研究されたとマリーノはチーム仲間に語り、大混乱を起こした。

他の選手だったなら練習をサボるためのつまらない言い訳と思われたかもしれないが、マリーノの真面目な性格を知っているチームメイト達は彼を信じる他なかった。ロレンセッティは当時のことをこう語っている。

「私は宇宙人の存在を信じています。マリーノの細かい話を聞いたときは彼の言葉を信じない理由がありませんでした。他の選手も彼を信じています。驚きましたけどね」


ディエゴ・マラドーナ 写真提供:Gettyimages

マラドーナ

レジェンドディエゴ・マラドーナ宇宙人にさらわれたと発言している。『TyC Sports』というスポーツテレビ番組で「宇宙人を信じていますか」という質問を受けたマラドーナは「信じますよ。お酒を飲み過ぎたある夜に彼らにさらわれて、3日間一緒に時間を過ごしました」と、真剣な顔で答えた。

しかし、彼の話には信じ難いところがある。まず、いつその事件が起きたのかを明らかにしていない。そして、マラドーナほどの有名人が3日間行方不明になれば、必ず誰かが気づき大事件になるはずだ。

それにしてもマラドーナは、自信を持ってその体験をアピールし続けている。

「現在理由があって詳しいことは話せませんが、いつか皆さんの前で起きたことをきちんと話すつもりです」

サイモン・チャーチ 写真提供: Gettyimages

チャーチ

サイモン・チャーチは、イングランドのプリマス(EFLリーグ2)所属のフォワードでありながら、天文学に興味があってとても詳しいという。彼は今年(2020年)3月、下記のビデオを公式ツイッターアカウントに挙げた。

「金星を見ていたら、とんでもないものを発見しました。最初はドローンだと思っていましたが、こんなに高く飛ぶドローンはありません。その後いきなり消えました」と、コメントしている。

宇宙のことに詳しいチャーチが驚いたのだから、もう少し細かく調べても良さそうだ。また、この投稿に対してはたくさんのコメントが届いている。同じものを目撃したというユーザーもいたり「新型コロナウイルスの拡大による自宅待機の状況で、頭おかしくなってないか?」と、馬鹿にしたような発言もあった。


当時の新聞 写真提供: gioco pulito

フィオレンティーナの選手と当時のサポーター全員

サッカー界ではとても有名で、事実の可能性が非常に高い事件がある。それは60年以上前の1954年10月27日フィオレンティーナのスタジアムであるアルテミオ・フランキで起きた出来事だ。

その日ピッチで戦っていたのは、フィオレンティーナとピストイエーゼというチームだった。当時のフィオレンティーナセリエAトップチームに近づいており、観客も大勢いた。(ちなみに翌年の1955/1956シーズンに初めてリーグ優勝し、レアル・マドリードに敗れたがチャンピオンズリーグ決勝戦までたどり着いている)

試合中の午後2時20分、1万人以上の観客の前で、熱戦から目を離させる出来事が起こった。卵のような形をした宇宙船と思われる機械数台が、ゆっくり空を移動していたのだ。

当時のフィオレンティーナの選手であり、現在80歳を超えているアルディコ・マニーニはその出来事が忘れられないと語る。

「すべてはっきり覚えています。卵のようなものが2分ほどスタジアムの上に浮かび、ゆっくりと上空を動いていました。私たち選手もサポーターも大変驚きショックを受けました。その後消えましたが、試合に集中する状況ではありませんでしたね」