プレミアリーグ第30節、トッテナムvsマンチェスター・ユナイテッドが日本時間19日28:15にトッテナム・ホットスパースタジアムでキックオフされる。今週末からの本格的な再開の中、いきなり実現したトップ4争いの行方を左右する重要なシックスポインターだ。

昨年11月にポチェッティーノ前監督からモウリーニョ監督への指揮官交代に動いたトッテナムは、ポルトガル指揮官の下で一時盛り返すも、直近の公式戦6試合未勝利(5敗1分け)という最悪な形で新型コロナウイルスの影響による中断期間に入った。第29節終了時点でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位のチェルシー(勝ち点48)と7ポイント差の8位(勝ち点41)に低迷しており、逆転でのトップ4フィニッシュに向けては各選手が語るように、ここから9つの決勝戦を制する必要がある。

数字上は極めて厳しいタスクだが、コロナ禍での中断によってエースのFWケインら長期離脱組が続々と復帰を果たし、過密日程の中でペンディングされていた戦術の落とし込みも進んでおり、リーグ再開に向けてプラス材料は少なくない。ただ、ぶっつけ本番となる今回のユナイテッド戦を落とせば、以降の挽回はほぼ不可能となるだけに是が非でも勝ち点3を手にしたい。

一方、マンチェスター・シティとのダービーシーズンダブルを達成するなど、公式戦12試合無敗(8勝4分け)で中断期間に入ったユナイテッドは、チェルシーと勝ち点3差の5位(勝ち点45)と、逆転でのトップ4フィニッシュが十分可能な立ち位置に。さらに、2年間のUEFA主催試合出場禁止処分を巡って係争中のシティに処分が下った場合、現在の順位でも繰り上げでの来季CL出場が可能だ。

とはいえ、スパーズ同様にFWラッシュフォードやMFポグバといった離脱者が戻り、上り調子のスールシャール率いるチームは、残り試合できっちり結果を残し、自力でのトップ4フィニッシュを目指す。今季はビッグ6相手に好成績を収めており、下馬評では敵地での勝利を予想する声も多い。

なお、昨年12月に行われた前回対戦では攻守両面で高いインテンシティを見せたホームのユナイテッドが、2-1のスコアでかつての指揮官にスパーズでの初黒星を与えていた。

トッテナム
【4-3-3】

トッテナム予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ロリス
DF:オーリエ、D・サンチェス、アルデルヴァイレルト、ベン・デイビス
MF:シソコ、ウィンクスエンドンベレ
FW:ルーカス・モウラ、ケイン、ソン・フンミン
負傷者:DFタンガンガ、MFロ・チェルソ、FWパロット
出場停止者:MFデレ・アリ(1/1)

コロナ禍での不適切なSNS投稿による処分でデレ・アリが出場停止となる。負傷者に関してはタンガンガ、パロットの若手2選手の欠場が確定。その一方で、中断前に離脱していたケイン、ソン・フンミン、ベルフワイン、ムサ・シソコが戦列に復帰。モウリーニョ監督はベルフワインを除く3選手の先発起用を示唆している。

システムに関してはここまで複数の布陣を併用しているが、[4-3-3]あるいは[4-2-3-1]を使う可能性が高そうだ。交代枠が5枚に増えたこともあり、コンディションに不安を抱えるメンバースタートで起用し、計算できるラメラやダイアー、ジェジソンらをベンチに待機させておく模様だ。


マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:デ・ヘア
DF:ワン=ビサカ、リンデロフ、マグワイア、ショー
MF:マクトミネイ、フレッジ
MF:ダニエルジェームズブルーノフェルナンデス、ラッシュフォード
FW:マルシャ
負傷者:DFジョーンズ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはポグバらの復帰によって主力に離脱者はいない。

システムに関しては[3-4-1-2]の可能性も十分に考えられるが、[4-2-3-1]の採用を予想。スタメンに関しては公式戦での初共演が期待されるブルーノフェルナンデスポグバの起用法に注目が集まるが、長期離脱明けの後者をベンチに置く形で試合に入りそうだ。

★注目選手
トッテナム:FWハリー・ケイン

トッテナムの注目プレーヤーは、約半年ぶりの戦列復帰を果たすケインだ。今季も公式戦25試合17ゴールを挙げているスパーズの絶対的なエースだが、今年元日のサウサンプトン戦で負ったハムストリング断裂の重傷により、長期離脱を強いられた。その間にチームはCL敗退など低迷に陥り、エースとして歯痒い思いをしていたことは想像に難くない。

それでも、コロナ禍の長期に渡る中断によって、一時絶望的と思われた今季中の復帰が可能に。トレーニング再開後は紅白戦形式のトレーニングとノリッジとの練習試合しか行っておらず、コンディションや試合勘が大きく懸念されるところだが、これまで幾度も鮮烈な復帰を飾ってきた世界屈指のストライカーの活躍に期待したい。

マンチェスター・ユナイテッド:FWマーカス・ラッシュフォード

ユナテッドの注目プレーヤーは同じく久々の戦列復帰となるラッシュフォードだ。今季、イングランド代表のスキッパーを上回る公式戦31試合19ゴールを記録している赤い悪魔エースだが、背中のケガにより今年1月半ばからの長期離脱を経験。ケインと異なり、チーム自体はブルーノフェルナンデスという新たな武器を手にし、シティとのダービーに勝利するなど好調を維持しているが、プレーしたい盛りの22歳にとっては歯痒い時期だったはずだ。

それでも、長期のリーグ中断を経て戦列復帰を果たした若武者は下部カテゴリー相手の練習試合で早くも軽快な動きを見せており、リーグ再開に向け準備万全といったところだ。前回対戦で2ゴールを挙げる活躍で撃破したスパーズ相手に、新たな相棒らと共に躍動する姿が期待される。
サムネイル画像