ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

かるびマック

日本までが代表バーガーとして紹介したハンバーガー「かるびマック」が韓国で議論を呼んでいる。

世界のマクドナルドのビーフバーガーを紹介するというもので、イギリスは「スモーキーバーベキュー」、カナダは「マイティビーフオリジナル」、そして日本はカルビバーガーである「かるびマック」を紹介。

しかし「かるびマック」の紹介に韓国では「カルビはそもそも韓国語だ」、「なんでこれが問題なんか? カタカナを平仮名で書き日本風にするなら、寿司や刺身をハングルで表現すれば韓国化したんか?」、「日本にはテリヤキバーガーがあるだろ」、「ポスターには『日本発祥』とは書かれてない。2016年に作られた(かるびマック)を引っ張り出してきてなんで急に騒いでるんだよ」、「自国の食べ物のグローバル化は、日本より遅くコピーは我慢できないとか。日本の菓子を我らが真似して、韓国の菓子を中国が真似してきたじゃないか? みんな知ってるんじゃないの? 知らないの?」と激論が繰り広げられている。

「かるびマック」は過去に2016年と2001年に販売された人気商品。

そして2020年6月24日から上記のイギリスの、イギリスの「スモーキーバーベキュー」、カナダの「マイティビーフオリジナル」、日本の「かるびマック」が販売開始される。第一弾はカナダとなっている。

なお韓国にはプルコギバーガーという物が販売されているが、味はテリヤキバーガーに非常に似ており味を少し濃くしたような感じだ。プルコギバーガーもかなり美味しい。

※1 実際は今年作られたポスター

韓国のマクドナルド

プルコギバーガー

プルコギバーガー