女優の安達祐実が芸歴36年目にして、最初で最後の安達祐実“本人”役に挑むドラマ『捨ててよ、安達さん。』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)第10話が今夜放送される。ゲストは給与明細役のシソンヌ・じろう。

【写真】安達祐実、かわいいパンダの着ぐるみ姿

ゲストは給与明細役のじろう(シソンヌ)

 バラエティ番組出演のため、暴露する秘密を考える安達さん。すると、夢の中で安達さんの秘密を知るという給与明細(じろう)が現れ、その秘密が誰かに狙われていると告げる。それは20代の頃、とあるアルバイトをしていた時のもので、記憶の中「あんた、目が死んでんだよ」という言葉が頭をよぎり…。

 擬人化したモノが安達さんの夢の中に現れ、自分を捨ててほしいと名乗り出るシュールな世界観を展開する本作。安達演じる本作の主人公「安達さん」は、女性誌の連載企画の依頼を受けたことをきっかけに、自身の代表作がダビングされた“完パケDVD”をはじめ、さまざまな“捨てられないモノ”を捨てていく。モノを演じるゲストには、臼田あさ美、梶原ひかり、片桐はいり、加藤諒、貫地谷しほり、北村匠海、早織、じろう(シソンヌ)、徳永えり、戸塚純貴、松本まりかYOU、渡辺大知ら豪華なキャストが集結する。

 『捨ててよ、安達さん。』第10話はテレビ東京系にて今夜24時52分より放送。

ドラマ25『捨ててよ、安達さん。』第10話場面写真 (C)「捨ててよ、安達さん。」製作委員会