ダイアナ・ガバルドンの世界的ベストセラー小説を映像化した人気ドラマアウトランダー』でスコットランドの戦士ジェイミー・フレイザーを演じるサム・ヒューアン。彼がロマコメ映画に出演することが分かった。米Deadlineが報じている。

『Mr Malcolm's List(原題)』というタイトルのこの映画には、サムのほかにはコンスタンス・ウー(『フアン家のアメリカ開拓記』)やフリーダ・ピント(『スラムドッグ$ミリオネア』)、ソープ・ディリシュ(『ホテル ハルシオン』)、オリヴァージャクソンコーエン(『透明人間』)が出演する。

ミスターマルコムソープ)はロンドンで誰もが憧れる最後の独身男性。ジュリアコンスタンス)は彼の花嫁になるための条件の一つを満たせなかったためフラれることになり、友人のセリーナ(フリーダ)にマルコムへの復讐を手伝ってもらうことになる。サムの役どころや役名は未定だ。

原作は、7月28日に世界的に出版されるスザンヌアレン著による同名小説。監督は、2019年にその小説の短編映画化でメガホンを取ったエマ・ホーリー・ジョーンズソープフリーダ、オリヴァーが出ていた約11分の短編映画はYouTube100万回以上再生されている。コンスタンスとフリーダは製作総指揮も務める。


ジョーンズ監督は、「コンスタンスとサムを迎えることができて非常に興奮しており、また光栄に思っています。 彼らの才能は無限です。イギリスの摂政時代を舞台としたロマンティックコメディの世界を皆様にお見せするのが待ちきれません」と述べている。

サムはキャリア初期からドラマ界を中心に活動してきたが、『アウトランダー』出演後は映画の仕事も増えており、アクションコメディ『バッド・スパイ』、SFアクション『ブラッドショット』などに出演。ヒュー・ボネヴィル(『ダウントン・アビー』)共演の伝記映画『An Unquiet Life(原題)』ルビー・ローズ(『BATWOMANバットウーマン』)共演のアクション映画『SAS: Red Notice(原題)』も控えている。(海外ドラマNAVI

Photo:

アウトランダー
© 2016 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.