週刊少年ジャンプ』で連載され、大ブームを巻き起こす中完結を迎えた『鬼滅の刃』。惜別の声が相次ぐ一方、読者の間では“次にくる『週刊少年ジャンプ』作品”について盛り上がっているようです。

人気が加熱する中完結を迎えた吾峠呼世晴さんの『鬼滅の刃』。『週刊少年ジャンプ』の読者の間では、ポスト鬼滅”をめぐる話題で繰り広げられています。

一体どのような作品が有力視されているのでしょうか。

今号のジャンプ情報|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト
今号のジャンプ情報|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

最新の『週刊少年ジャンプ』掲載情報を紹介しています。表紙やセンターカラー・次号予告も掲載。

王道バトルものにグロテスクな作品まで

ファンから熱い支持を受けているのは、芥見下々さんの『呪術廻戦』。驚異的な身体能力を持つ高校生虎杖悠仁主人公ダークファンタジーで、“呪い”をめぐる激しいバトル描写も大きな魅力となっています。

今年10月にはアニメ放送が始まるとあって注目度は高く、ネット上には「『BLEACH』や『幽☆遊☆白書』が好きな人は絶対ハマると思う!」「王道バトル要素が満載なのでおすすめ!」といった声が寄せられていました。

バトル系の作品では藤本タツキさんの『チェンソーマン』も人気。悪魔を身に宿したデビルハンターデンジの活躍を描く作品で、グロテスクキャラクターなど妥協のない描写が評判に。

メインキャラが次々と退場するから先が読めない!」「タッチやコマ割りが独特で作家性をバンバン感じる」とファンの評価は高く、アニメ化を期待する声も膨れあがっています。

“異色の人気作”にも注目が集まる

またバトル作品がひしめく中で、『アクタージュ act-age』は“異色の人気作”かもしれません。原作をマツキタツヤさん、漫画を宇佐崎しろさんが担当する同作はメソッド演技法」を使いこなす夜凪景主人公

女優にフォーカスした作品とあって「ジャンプ作品では珍しいテーマ」と注目され、2019年2月発売の『週刊プレイボーイ』7号では夜凪がグラビアに挑戦したことも大きな話題を呼びました。

ネクストブレイクを果たすのはどの作品か、ぜひ『週刊少年ジャンプ』をチェックしてみてくださいね

週刊少年ジャンプ公式サイト:https://www.shonenjump.com/j/weeklyshonenjump/
週刊少年ジャンプ公式Twitter@jump_henshubu

もし『ヒロアカ』の“個性”が使えるなら? “パワー系”と“技術系”能力をめぐり論争勃発!
もし『ヒロアカ』の“個性”が使えるなら? “パワー系”と“技術系”能力をめぐり論争勃発!

週刊少年ジャンプ』で連載されている、堀越耕平さんの人気マンガ僕のヒーローアカデミア』。各キャラクターに備わる“個性”も魅力となっていますが、1つだけ個性をもらえるとしたらどのような能力を選びますか?

『HUNTER×HUNTER』生き残りで最強キャラは誰?ジン、シルバ、ヒソカ…議論が白熱中!
『HUNTER×HUNTER』生き残りで最強キャラは誰?ジン、シルバ、ヒソカ…議論が白熱中!

冨樫義博さんの人気マンガHUNTER×HUNTER』では、主人公・ゴンを筆頭に多くのキャラクターが活躍。様々な能力を発揮したバトルが大きな魅力となっていますが、現在も存命中のキャラでは誰が1番強いのでしょうか?

『鬼滅の刃』でも発動したか…『銀魂』が生んだ"最終回発情期”ってなに?
『鬼滅の刃』でも発動したか…『銀魂』が生んだ"最終回発情期”ってなに?

Twitter上で突如トレンド入りした言葉“最終回発情期ファイナルファンタジー)”。5月11日に掲載された『鬼滅の刃』第204話をきっかけに話題となったようですが、いったいどのような意味なのでしょうか?

『鬼滅の刃』完結で伏線回収!青い彼岸花に愈史郎…もうひとつの"あの謎"は?
『鬼滅の刃』完結で伏線回収!青い彼岸花に愈史郎…もうひとつの"あの謎"は?

鬼滅の刃最終回にて、これまでずっと謎とされてきた“青い彼岸花”について解明! 唯一の鬼として生き残った愈史郎のその後、そして残された謎とは?

“ポスト鬼滅”も生まれる?いま必読のジャンプ作品はこれ!『呪術廻戦』『チェンソーマン』etc.