Image: Apple

23日深夜2時から開かれたAppleの開発者向けイベントWWDC 2020。

iOS 14、iPadOSなど各デバイスの新機能などが発表されました。1分で見どころがわかるようにまとめました。詳しい発表内容はこちらの記事を御覧ください。

iOS 14:動画のながら見、リアルタイム翻訳、ホーム画面充実化…使い勝手が大幅向上

動画を見ながら他のアプリも使えちゃう、ピクチャーインピクチャー

動画見ながらLINEがしたいんだけど…みたいなときに使える新機能です。全画面表示で見ていた動画を小さくして表示。そのまま他のアプリを操作できます。ながら見ができるの最高!

動画を見ながらメモアプリを立ち上げられる Image: Apple

邪魔なときは横に移動して、大事な会話が終わった時に再表示ってことも可能。えらい!

チャットが盛り上がってるときは横に隠して、会話が終了したら大きく表示ができる Image: Apple

Apple製リアルタイム翻訳

Siri音声認識機能が向上します。これに伴い、オフライン状態でもリアルタイムで翻訳できる機能が追加されました。

英語を音声で入力したら、スペイン語で表示してくれる Image: Apple

11ヶ国語(英語、中国語フランス語ドイツ語スペイン語イタリア語日本語韓国語アラビア語ポルトガル語ロシア語)に対応。日本語も入ってました!

電波が入らないところでも使えるのが最高。翻訳したものは音声として再生も可能。

アプリをDLする必要なし。決済機能だけ使えるApple Clips

NFCタグやQRコードにかざすと、簡易アプリが起動して決済できちゃう Image: Apple

アプリそのものをダウンロードせずとも、NFCQRコードを読み込むと簡易アプリが起動し、パパっと決済ができるApple Clips。

例えば、スタバアプリをいれなくても、コードにかざせば一瞬で決済ができるようになったり…するといいのですが。

着信の存在感が減ります、地味に嬉しいな…

電話がかかってくると、アプリを立ち上げてる最中でも画面いっぱいに「誰からの着信」みたいな表示になって作業が中断したりするじゃないですか。それがなくなります。

画面の上の方に着信情報が表示 Image: Apple

画面上の方に、「誰からの着信中」としおらしく表示される形に。出たくない電話もあるので地味に嬉しい…。

ホーム画面が大充実化

ウィジェットホーム画面に持ってくると充実の内容… Image: Apple

ウィジェット機能が刷新されて、ひとつの画面の情報量を増やせるようになりました。好きな機能にすぐにアクセスできるようになるって感じですね。

ホーム画面で天気をパッと確認できたり、今日何カロリー消費したのかがすぐにわかる。ちょっとAndroidっぽいですが、Appleによると「Apple Watchの小さな画面で、使い勝手の良いデザインを追求してた結果行き着いたもの」のようです。

アプリが増えすぎてどこにあるのかわからん問題が解決︰Apple Library

Image: Apple

iPhone内のアプリをすぐに検索できる機能がつきました。ホーム画面の最後のページに表示される「Apple Library」です。機能の説明は以下の通り

アプリを素早く自動的に分類して、カテゴリー別(SNSとかエンタメとか)のフォルダで表示

・よく使うアプリは優先的に上の方に表示

五十音順で検索も可能

プライバシーの強化「このアプリはあなたのこの情報をとっています」と表示

Image: Apple

Appleといえばユーザーのプライバシーを守る方針を貫いています。iOS 14では、位置情報など個人情報をとり続けるアプリに対して、それを拒否できるボタンができました。

また、アプリダウンロードする際に、そのアプリがどんな個人情報(金融機関情報、位置情報など)を取得するのか確認できるようです。長ったらしい利用規約をサマリーしてくれる感じ。

Image: Apple

ちなみに、さっそくiOS 14のベータ版をインストールした開発者によると、SafariではGoogle Analyticsもブロックしているようです。「ユーザーのプライバシーを絶対死守!」という感じですかね…(まだベータ版ですが)。

また、iOS 14では、CarPlayの機能でiPhoneが車の鍵になったり、メールやブラウザのデフォルトアプリを選べるようになったりする模様。アプリでリンクをタップした時、Safariでしかページを開けないですからね。今。

iPad OS:手書き文字が即テキスト化! Apple Pencilの神進化

Scribbleという新機能は、Apple Pencilで書いた手書き文字を自動的にテキストに変換するもの。キーボードで文字入力をせずとも手書き感覚で資料が作れるようになるのですね。

手書きで書いた文字を整えてくれます Image: Apple

また、「080〜」というような電話番号を手書きで入力すると、自動的に「この数字の羅列は電話番号だ」と認識。手書きメモから電話をかけられます。

また、フリーハンドで描いた図や文字をきれいに調整してくれるようになります。プレゼン資料作るときに便利そうだ…。

フリーハンドで書いた図がピシッときれいに! Image: Apple

その他、iPad OSではデザイン性が向上して、一画面で見られる情報が増えます。

AirPodsも進化。立体的に音楽が聴こえるように

Image: Apple

AirPodsアップデートは以下の通り。

iPhoneMacなどBluetooth連携するデバイスを自動的に切り替え

・前後左右から音が聞こえる立体音響にも対応(映画館のような視聴体験が可能に)

・頭の動きもトラッキング。頭を動かしても音が乱れない

Apple Watchで手洗いチェック。睡眠トラッキングも◎

手を洗うと自動的にタイマーが起動。手洗いチェックが可能に

Image: Apple

これは手の動きと水の音で「手洗い」を感知できるようにしたもの。時事性たっぷりの新機能ですね。

睡眠のトラッキングと目覚まし機能

Image: Apple

Apple Watchで睡眠の質を分析し、レポートを作成する新機能が追加されました。

また、手首の振動でユーザーを起こしてくれる目覚まし機能も使えます。近くで寝ている人を起こさないですみますし、手首の振動って不気味なぐらい目がさめるのでおすすめです…。

Image: Apple

MacがiPhoneのような使い勝手に! 年内にApple独自開発チップ搭載に

MacにiPhoneやiPadのようにコントロールセンターが登場

Image: Apple

Wi-Fiディスプレイの明るさなどを右上のコントロールセンターで調整できるようになります。

Image: Apple

また、通知やウィジェットの表示もiOSiPadライクに。

Safariの高速化、拡張機能を追加できるように!

Google Chromeでおなじみの拡張機能がSafariにやってきます。見ているWeb サイトの全ページキャプチャとか、はてブ、文字数カウントなどなど好きな機能を追加できます。

Image: Apple

Safariトップページのデザインも変わります。拡張機能といい、Chromeの良いところを持ってきた感じ……。

ARM版Macは年内に発売予定

これまでインテル製のチップを使用してきたMacですが、これから2年をかけてAppleの独自開発のプロセッサ「Apple Silicon」を使用したものに移行していくようです。

チップが変わるということは、アプリ開発の基盤自体が変わるということ。これまで使っていたものが動かなくなる可能性もあります。そこでAppleデベロッパーに向けて、インテル版でもApple版でも動くアプリを開発できるUniversal 2を提供。さらにARM Macに未対応のアプリエミュレーションで動かすことができる「Rosseta2」も発表されました。2年をかけてスムーズARMMacに移行していく計画を明らかにしました。

Appleが独自開発したチップを使ったMacは、省エネルギーでハイパフォーマンスなものが期待できるようです。これは、iPhoneiPadチップで長い間向上させてきた技術をつめあわせたもの。スマートフォンタブレット、PCがついにひとつに結ばれるみたい。

Source: Apple