先週SteamリリースされたRespawn EntertainmentロボットFPSTitanfall 2』が大健闘を見せている。Steamリリースされたゲームプレイする人口などを調査する外部サービスSteam Charts」にて、本作のピーク同時接続人数が9000人を突破していることが記録された。

 あくまでSteam Chartsのみの統計だが、この記録は同じくSteamリリースされたBattlefield 3(ピーク時480人)、Battlefield 4(ピーク時1203人)、Battlefield 1(ピーク時1646人)、Battlefield V(ピーク時2034人)、Battlefield Hardline(ピーク時212人)のピーク同時接続人数を足した人数より多い。

 また記事執筆時点で『TItanfall 2』はSteamの「人気の新作」としてAzure Striker Gunvolt 2』『The Sims 4』に次ぐ3位に輝いている。

(画像はSteamより)

 『Titanfall 2』は不遇なFPSとして一部のファンの記憶に残っている。本作が発売される1週間前の10月21日Battlefield 1が、1週間後の11月4日Call of Duty: Infinite Warfareと、プレイヤー人口を奪い合う大作マルチプレイゲームリリースされた。
 批評家からの評価は高く、ゲームの出来ではほか2作に決して劣らないものの、売上はEAの期待を下回ったことを海外メディアVenture Beat2017年に報じている。

 2020年5月に公開されたRespawnの共同設立者ビンス・ザンペッラ氏に対する海外メディアIGNの取材にて、現在『Titanfallシリーズの新作は開発されていないが、常にそこにあるとゲームの続編リリースの可能性を排除していないことが語られている。2019年に一度VRゲームとして新作ゲームリリースされるという発表もあったが、開発は中止されたようだ。
 もし開発されるとしても、『Titanfallシリーズの新作が見られるのはもう少し先になるだろう。

 『Titanfall 2』の人口はSteamでのリリース以外でも、Apex Legends』のリリースPlayStation Plusの無料ゲームに選ばれたときに大きく回復していることが報告されている。これらもゲームポテンシャルがけっして低くないことを示しているといえるだろう。

(画像はSteam『Titanfall 2』より)
(画像はSteam『Titanfall 2』より)

 冷静に分析すれば、PC版BattlefieldシリーズはEAのダウンロード配信プラットフォーOriginで購入済みの人が多く、Steamではあまり売れなかったのだろう。一方『Titanfall 2』は、Originの独占販売で売上の機会を大きく失っていた、と考えられる。
 Originでのプレイヤー数を合わせれば、おそらく『Titanfall 2』は『Battlefield V』の人口に届かない可能性も考えられる。

 それでも、『Titanfallシリーズがまだ訴求力を失っていないことは確かだ。いつの日かまたタイタンが地上を蹂躙する姿が見られることを望んで止まない。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros