1986年W杯イングランド戦で決めた世紀の一撃、FIFA公式SNSが動画を公開

 1986年メキシコワールドカップ(W杯)で、1人の選手が世界のサッカー史にその名を刻み込んだ。アルゼンチン代表の10番を背負った小柄なMFディエゴ・マラドーナ。母国を二度目の世界一に導いたプレーは今もファンの間で語り草となっているが、そのハイライトと言えるのが6月22日に行われた準々決勝イングランド戦だろう。FIFA国際サッカー連盟)のW杯公式ツイッターは34年後の同日に、1本の動画を公開。「真の天才の11秒」と記し、伝説の“5人抜き”ゴールを振り返っている。

 メキシコシティのアステカスタジアムで行われたゲームは、アルゼンチンイングランドを2-1で破ったが、マラドーナが決めたその2ゴールサッカー史に残るゴールとして人々の脳裏に焼きついている。まずは0-0で迎えた後半6分に生まれたのが「神の手ゴール」だ。浮き球に反応してゴール前に走り込んだマラドーナは、飛び出した相手GKピーター・シルトンと1対1の場面を迎えるなか、ジャンプしながら左手の拳でボールヒット明らかハンドだったが主審が見逃したことで、アルゼンチンに先制点がもたらされた。

 そして物議を醸した得点からわずか3分後、今度は世紀の「5人抜きゴール」が生まれる。ハーフウェーラインから約10メートル手前の自陣右サイドボールを受けたマラドーナは、右回りターンしながら相手2人をかわして縦へドリブル開始。軽快なステップを踏み、前方に立ちはだかった3人目のDFを左アウトサイドで中央へかわすと、さらに加速していく。そして4人目を縦にかわすと、最後はGKシルトンもかわして最後は倒れ込みながらゴールに流し込んだ。

 W杯公式ツイッターは、この「5人抜きゴール」の動画を「#OnThisDay」企画として投稿。「真の天才の11秒」と記すと、「史上最高のゴール?」とファンに呼びかけ、返信欄では「彼の靴には磁石が付いていた」「マラドーナは神」など様々なコメントが寄せられていた。34年が経った今も、天才マラドーナが決めた世紀のゴールインパクトは失われていないようだ。(Football ZONE web編集部)

1986年W杯でのマラドーナ【写真:Getty Images】