メルカリは、ローソンとともに7月1日からのレジ袋有料化を前に、通常捨てられてしまうレジ袋にも付加価値を与えるため、「モノガタリ by mercari」に寄稿している伊坂幸太郎氏、吉本ばなな氏、筒井康隆氏の小説を印字したレジ袋「読むレジ袋」を、6月24~26日の3日間限定で全国のナチュラルローソン138店舗で無料配布する。

画像付きの記事はこちら



 読むレジ袋は、通常は捨てられてしまうレジ袋に「小説を読む」という新たな価値を与えたレジ袋メルカリが4月から始動したプロジェクト「モノガタリ by mercari」で連載されたモノにまつわる三つの小説がレジ袋に印字されている。国内では、年間450億枚のレジ袋が使われていると推定されており、捨てられがちなレジ袋に小説という付加価値を加えることで、身のまわりのモノにも一つひとつに価値があると気づきを与え、改めてモノとの向き合い方について考え直すきっかけになることを願い、読むレジ袋を企画した。

 一方、ナチュラルローソンでは、「人と地球にやさしい」をテーマに、環境に配慮し自然に優しい天然成分を使用した化粧品の取り扱いや、紙製包材を使用した弁当や調理パンを販売するなど、これまでも積極的に環境対策に取り組んできた。

 こうした経緯から、これまでもSDGsを積極的に推進してきたナチュラルローソンと「モノガタリ by mercari」の取り組みの方向性が一致し、7月1日レジ袋有料化を前に共同でサステナブルな社会を目指したアクションとして、ナチュラルローソン138店舗で読むレジ袋を配布する。なお、読むレジ袋は環境に配慮し、バイオマスプラスチック50%以上配合している。

 配布スケジュールは、6月24日伊坂幸太郎氏の「いい人の手に渡れ!」、6月25日が吉本ばなな氏の「珊瑚のリング」、6月26日筒井康隆氏の「花魁櫛」(チュラルローソン芝浦海岸通店限定)。配布時間は各日14時からの予定。配布個数は各店舗、各日100枚で、なくなり次第終了する。

読むレジ袋