後輩芸人へのパワハラ疑惑でテレビから消え、現在はユーチューバーとして活動するお笑いコンビTKOの木下隆行。

 初回の動画は、再生回数こそ431万回を超えたが、同時に36万もの低評価ボタンが押されるなど、まだまだ世間からは許されていないようだ。

 そんな木下が6月10日に投稿した動画の内容に批判が殺到している。

「木下はこの日、『美女YouTuber100人の動画に高評価を押します!』とし、メイク動画やモーニングルーティンなどのあらゆるジャンルで検索をかけ、美女を探し出した。しかし、3人組で活動する人気YouTuber・ヘラヘラ三銃士の動画を見た木下は『タイプ2人やなぁ…』とつぶやき、高評価を押すのを戸惑ったが、『まぁ、リアルに…3分の2タイプがいたら高評価ですよね』と、渋々グッドボタンタップする様子を見せたのです」(芸能ライター

 これを見た芸能関係者が呆れ顔でこう話す。

YouTubeによくある、炎上商法を狙ったものかもしれませんが、女性の容姿に触れたものは完全にアウト。視聴回数は10万にも満たないものの、一万件以上の低評価が押されており、コメント欄には『よくこんな企画出せましたね』『ヘラヘラさんたちに失礼では?ユーチューバーとしては先輩ですよ?』と、厳しい意見も。そして、当の本人であるヘラヘラ三銃士・まりなも、『うちら3人グループでやってるのにタイプ2人やなぁとか無自覚でこういう事言うからおぢさんムリ』と、ツイッター上で木下の動画にブチギレています。 似たような事案では、以前人気ユーチューバーとして活躍していたへきトラハウスが『振り返りブスババ抜きゲーム』という企画で街ゆく女性に声をかけ大炎上したこともありました」

 パワハラ騒動で干されたことを反省しないと、芸能界からだけでなく、YouTube業界からも追放されてしまう可能性もありそうだ。

(佐藤ちひろ

アサ芸プラス