暴走に見える北朝鮮の後ろに・・・

 韓国の脱北者団体が金正恩体制を非難するビラを北へ向けて飛ばし、韓国政府がこれを容認してきたことに対し、6月16日北朝鮮当局は南北共同連絡事務所を爆破し強硬な姿勢を示した。

JBpressですべての写真や図表を見る

 これに続き、開城(ケソン)と金剛山(クムガンサン)に軍部隊を展開する意図を明らかにしている。

 いずれも南北融和の象徴となる場所である。北朝鮮は韓国へ報復としてビラ1200万枚(歴代最大規模)を報復として韓国に散布するという。

 北朝鮮金与正氏は、なぜ突然このような暴走を始めたのだろうか。

 筆者はすでに、6.16(火)「金与正の靴底を舐める韓国・文在寅大統領 “女帝”の強い意思表示に見て取れる『政権移譲』」という記事(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/60916)で、北朝鮮の暴走の理由を以下のように説明した。

金正恩氏は「死んでいるか」「統治能力を失ったか」、あるいは「統治能力を失いつつある状態」ではないのか。

 このところ、妹の金与正氏の出番が増え、初の女帝統治に向け着々と地固めを進めている感がある。

金王朝にとっての至高の目的・目標は「金王朝の存続」である。4月15日に行われた韓国の総選挙で脱北者の太永浩(テ・ヨンホ)氏――元英国の公使――が保守党から当選し、脱北者団体が金王朝を脅かす可能性が出てきた。

 左翼政権の凍土の中から出た「自由の芽」は韓国内外の脱北者などの力を糾合し、「打倒金正恩・与正」の起爆剤になる可能性がある。

 脱北者団体は、すでに暗殺した長兄・金正男氏の長子の漢率氏(ハンソル、25歳)――正恩にとっては「脇芽」――を担ぐかもしれない。

金正恩氏から与正氏に政権継承する際に、再び「先軍政治」を採用する可能性があり、統帥権を北朝鮮軍総参謀部に委譲するのは異常だ(軍暴走の恐れ)。

 筆者自身、この説明だけでは、今一つ釈然としない。京都大学山中伸弥教授が、新型コロナウイルスに関する日本の奇跡の原因について「ファクターX」という考え方を提示した。

 筆者もそれに倣って北朝鮮の暴走を読み解くカギとして「ファクターチャイナ」を新たに追加することとする。

「ファクター・チャイナ」
金与正を使嗾している習近平

 本稿で訴えたいことは「中国の習近平国家主席は米国のドナルド・トランプ氏の大統領選挙妨害を狙って、北朝鮮金与正を使嗾している可能性が高い」ということである。

 習近平氏は、対中強硬派のトランプ氏を引き釣り摺り下ろし、与し易いと見るジョー・バイデン氏の当選を狙っているものと思われる。

 また、バイデン氏当選の暁にも、トランプ氏が当選後ロシアゲートに苦しんだように、チャイナゲートの種を仕込んでおく魂胆だろう。

 下図のように、米中は、コロナ禍の中でも多くの局面において覇権争いが熾烈化している。

 トランプ氏は①コロナ禍と②大統領選挙により、米中覇権争いでは「守勢」に立たされている。

 一方の習近平氏は全局面で極めて積極的だ。

 習近平氏はトランプ氏の足元を見透かし、尖閣諸島、台湾周辺、南シナ海などにおける海空軍などの動きを活発化させている。

 コロナ事態下においても、むしろエスカレートしている感さえある。

 香港では、反体制活動を禁じる「香港国家安全法案」が月内にも成立する見通しとなり、香港の繁栄を支えてきた「法の支配」が崩壊しかねない。

 中国は司法制度にも介入する姿勢をみせ「一国二制度」の根幹が揺らぐ。9月の立法会(議会)選挙で民主派の立候補禁止が相次ぐ可能性が出てきた。

 筆者は、香港では米CIA・英MI6・豪ASIOなどの諜報機関が連合作戦を行い、デモの扇動(資金・情報・作戦支援など)を行っていると見ている。

 これは、日露戦争時、明石元次郎元二郎大佐がレーニンなどの反ツァーリ勢力を支援したのと同じである。

 同様に中国も、米国で燃え盛る黒人暴動を国家安全部・中国共産党中央統一戦線工作部・中国人民解放軍総参謀部第二部などが裏で支援(謀略工作)しているのは想像に難くない。

北朝鮮におけるファクター・チャイナ

 金王朝始祖の金日成が70年前の6月25日に韓国に侵攻したのは、スターリン毛沢東から同意・許可をもらったからだ。

 この構図は、今日も変わらない。

 まるで“妹兄げんか”のように、金与正氏が文在寅氏を追い詰めているが、これも背後で中国がコントロールしているか、黙認している可能性が高い。

 習近平氏の狙いは、トランプ氏の統制に服するばかりで中国・北朝鮮側に靡かない優柔不断文在寅氏に圧力をかけることである。

 言外に「韓国は中国の言うことを聞かないと、北朝鮮にけしかけて揺さぶるぞ。韓国は『噛ませ犬』だ。若い闘犬(金与正氏)に自信をつけさせるために噛ませる犬(文在寅氏)にすぎないのだ。中国を甘く見るなよ」というメッセージだろう。

 金与正氏に文在寅氏を噛ませ続ければ、今頼れるのは中国で、米国ではない――という思いが文在寅氏の心の裡に嵩じ、米韓分断につながるかもしれない――と変心するのを待っていることだろう。

 朝鮮半島問題は「票」にはつながりにくいかもしれないが、香港、南シナ海、台湾、日本(尖閣問題)などを総合すればトランプ氏の外交に黄信号が灯り、選挙にはマイナスに働くのは必至だろう。

 我々は、局地の葛藤に目を奪われがちだが、米中覇権争いという大局を常に意識しなければ本質を見失ってしまう恐れがある。

今後の展望:
中国は米中戦争に発展する事態を避ける

 中国(と使嗾された北朝鮮)の挑発は、米大統領選挙終了までが一つの区切りだろう。

 その結果、トランプ氏かバイデン氏のいずれが勝つかによって、中国の対米戦略は変わるだろう。

 米大統領選挙までは、哀れにも靴底を舐めるしか能のない文在寅氏を金与正氏に噛ませ続けることだろう。

 選挙に大わらわのトランプ氏は、朝鮮半島などに構っているゆとりはなく、文在寅氏には「中国にすり寄る」という選択肢しかないはずだ。

 中国は、金与正氏に文在寅氏を噛ませる上限を「米中対決にエスカレートしない」範囲にとどめるはずだ。

 これは、微妙な線引きだ。

 もし、かつての延坪(ヨンビョン)島砲撃(2010年11月)のような事態が起これば、韓国軍(従北に徹する文在寅氏に不満を持つ)は反撃し、それを契機に軍事紛争がエスカレートするかもしれない。

 従来の米中関係なら協力して仲裁し、エスカレートを回避したが、現下の米中関係ではそれが困難な状況になりつつある。

 韓国と北朝鮮の軍事的なエスカレートを食い止められなくなる恐れがある。

 中国は飢餓が深刻化する北朝鮮に対するコントロールの手段として食糧支援を実施した。

 6月22日付中央日報によれば、中国が最近北朝鮮に80万トン(コメ約60万トン、トウモロコシ約20万トン)に達する食糧を支援したという。

 中国は毎年慢性的な食糧不足に陥っている北朝鮮に食糧を提供しているが、これを公開的に明らかにはしていない。

 今回の支援は船便で北朝鮮の南浦(ナムポ)港に到着し、昨年6月に行われた習近平中国国家主席の訪朝1周年に合わせて実施されたと消息筋は伝えた。

 朝鮮半島の例のように、今後世界規模で米中の代理紛争が発生する局面が増加し、コロナ禍事態と重複し世界情勢が一層不安定化する恐れがある。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  金与正の靴底を舐める韓国・文在寅大統領

[関連記事]

米暴動にほくそ笑む中国だが、事情は五十歩百歩

日本海海戦115年、バルチック艦隊の戦略を読み直す

米朝首脳会談に同行した北朝鮮の金与正氏(ベトナム・ハノイで、写真:AP/アフロ)