クレイジーケンバンドが本日・6月24日(水)リリースした5年ぶりのシングル「IVORY ep」より「IVORY」のMVを公開した。

今作は“アダルトな夏” が漂う2曲の新録曲「IVORY」「だから言ったでしょ」 を収録。夏を迎える胸騒ぎに入り混じる忘れがたい恋をアダルトに紡ぎだした「IVORY」はテレビ朝日じゅん散歩』6・7月度エンディングテーマに決定している。さらに2020年初頭に配信リリースされ話題となった “中井貴一 × 佐々木蔵之介 W主演『嘘八百 京町ロワイヤル』主題歌”「門松」や、NHKアニメ長寿番組おじゃる丸』第23シリーズエンディングテーマとなった「夢の夢」をCD初収録したシングル

今回公開された「IVORY」のMVは、どこか哀愁漂う車窓をメインにしたMVとなっている。コロナ禍ということもあり、メンバーが集まっての撮影はできなかったが、ところどころソーシャルディスタンスを保ったメンバーの姿がMVに登場する。


そして、シングルの発売を記念しインターネットで実演販売を21:00よりYouTubeTwitterLINE LIVEInstagramにて本日同時生配信を実施する。実演販売とは、クレイジーケンバンドの横山剣が小学生だった頃、野外の中古レコードサウンドシステムターンテーブルマイクを駆使して、通りすがりのお客さんの前で口八丁手八丁でジャンルレスなレコードを紹介しては手売りしていた昭和スタイルの販売方法をそのルーツとする。毎年作品をリリースする度に全国を回り、このような胸躍るスタイルと軽妙なトークで作品を丁寧にそしてディープに紹介していたが、昨今の新型コロナウイルスの為、インターネットを使用し実演販売を展開することとなった。また配信スタートと同時にこの日だけのCD販売サイトを開設。ここでの購入者に限り、『IVORY ep』の非売品ポスタープレゼントされることも決まっている。

横山剣 コメント

「IVORY」はスキャットから始まる曲ですが、最初に浮かんだのもその部分でした。そこからイメージがどんどん展開されてこんなミドル&メロウのサマー・チューンに仕上がりました。コロナ禍にあっても、幾つになっても甘い胸騒ぎがしてしまう季節。アイボリー色のクマのヌイグルミを擬人化したようなかわいいオッサンの淡い恋ごころを歌います。
ミュージックビデオCKBメンバーや自分がクルマでよく流す辺りを中心にカメラを回しました。Stay Home中に古い映画を何本か見ましたけど、中でも「Down By Law」のオープニング映像がヒントになっていたりもします。よく見ると動く車窓から見る沿道の風景にCKBメンバーがチラッと出て来たりもしますのでその辺りも是非チェックしてみて下さい!
そして本日、21時より、インターネットでの「IVORY ep」実演販売を行います。本来はショッピング・モール等の催事場をお借りして、これをやっていたのですが、みなさまの安全を考慮して、インターネットによる実演販売とさせて戴くこととなりました。ROOTSを辿れば1971年、僕が小学校5年の時に野外サウンドシステム、ま、言ってみれば露天で中古レコードを販売してるおじさんに懐いてそのお手伝いをしたことがキッカケになってます。ジャンル無視で数多のレコードを大音量でかけながら、エコーギンギンに効きまくったマイクを握りしめ、時に寅さんチックに韻を踏みながら喋りまくり、歌いまくり、通りすがりのレディス&ジェントルマン&おとっさん、おっかさんにレコードを売りまくるおじさんに憧れまくったものですが、ある時、おじさんが目を離した隙に僕もそのマイクを奪っておじさんスタイルを真似てやってみたレコードが売れる!売れる!おじさんが「お前、この仕事、手伝え!」と。そのソウルフルでワイルドかつメロウスピリットを現代に受け継ぐCDJスタイルでやっております!はい、いらっしゃい!イイネイイネイイネ

CRAZY KEN BAND