リモートコラボによるプロジェクト「TELE-PLAY」が始動。第1弾楽曲として、CharaSIRUP、TENDRE、BASI(韻シスト)、屋敷豪太、HSU(Suchmos)、Shin Sakiura、A.G.O (CIRRRCLE)、挾間美帆らが参加して制作された「あいにいきたい」(英題:Miss you so bad)が6月30日(火)より配信リリースされる。

プロジェクトは、新型コロナウイルス感染拡大に伴い多くのアーティスト活動・音楽活動が制限されているなか、新たな音楽制作の形を実現するべく立ち上がったもので、プロデューサーを発案者でもある小西遼(CRCK/LCKS・象眠舎)が務め、作詞・作曲からレコーディングミックス作業、MV撮影まで楽曲制作に纏わる全ての行程を完全リモートで実施。さらに、レッドブルパートナーシップを組んでおり、自粛期間が明けた際には同企画によるライブストリーミングRed Bull Music Studios Tokyoで行う予定となっている。

また、「あいにいきたい」は、本日・6月24日(水)21:00〜放送のJ-WAVE SONAR MUSICにて、初オンエア。配信リリース時にはMVも公開予定となっているほか、楽曲制作・MVのドキュメント映像も追って有料コンテンツとして配信される。

「TELE-PLAY」