金与正がクビにしたのも同然ですよ」(中道系韓国紙記者)

 北朝鮮が南北共同連絡事務所を爆破した翌17日、韓国の統一相は辞表を提出。2日後には、文在寅大統領によって裁可された。

“南北融和の象徴”の爆破から始まった北朝鮮との危機直面に、韓国では今、外交安保ラインの交代論が急浮上。特にひとりの人物を巡る去就に関心が集っている。

いた「統一相」のポストに名前が挙がっている人物

 冒頭の記者が言う。

「前統一相は米朝が決裂したベトナムハノイでの会談(2019年2月)以降に就任した人物。『ともかく、南北関係が進展するよう驚くような仕掛けを作れ』というミッションがあり、青瓦台外務省、国家情報院が必ずフォローするという話になっていた。ところが、結局進展は何もなく、批判に晒されていました。ただ、南北関係がこれほどまでにこじれた責任は今の外交安保ラインにもある。当然、交代すべきでしょう」

 人事刷新で挙がっているポストは空席となった統一相、そして、青瓦台の国家安保室長、国家情報院長。そして、これらのポストを巡りキーパーソンとして名前が取り沙汰されているのが任鍾晳・南北経済文化協力財団理事長(元青瓦台秘書室長)だ。前出の記者が続ける。

「任元秘書室長は現在、統一相候補として名前が挙がっています。また、鄭義容・青瓦台国家安保室長の更迭、その後釜に徐勲・国家情報院長がスライドして収まり、空席となった国情院長のポストに任元秘書室長が就くというシナリオも噂されています」

 鄭国家安保室長と徐国情院長は、対米と対北の両翼を担っている。鄭室長は米朝双方の特使を務め、米朝首脳会談に深く関わっていた人物。23日に刊行されたジョン・ボルトン前米大統領補佐官の回顧録『それが起きた部屋』では、「(米朝首脳会談は金正恩氏が言い出したのではなく)鄭氏が先に金正恩氏に提案したことを認めた」という趣旨が記述された(鄭国家保安室長は事実と異なると反論)。

 一方、徐国情院長は、28年間、国情院に勤めた経歴を持ち、2000年と07年、そして18年の3回の南北首脳会談を成功させた韓国きっての北朝鮮通で、「文大統領の信頼は誰よりも厚い。そのため、文大統領は(彼を)手放さないでしょう」(前出記者)。

「筋金入りの親北者」任元秘書室長の学生時代

 そして、注目されている任元秘書室長は大学生時代、「全国大学生代表者協議会(現韓国大学総学生会連合)」議長を務め、学生の訪朝を主導しその名を知らしめた。1989年北朝鮮ソウルオリンピックに対抗して開いたとされる「世界青年学生祭典」へ林秀卿委員(当時)の参加を主導し、林委員とともに国家保安法違反で懲役5年となり、服役している。筋金入りの親北者といっていい。

 余談だが、林委員が平壌を訪れた際、彼女のヘアスタイルTシャツなどのファッション北朝鮮女性の間で大きな話題になったといわれている。

 話を戻そう。

 任元秘書室長の国情院長就任の噂について国情院の元関係者はこう否定する。

「任鍾晳が(国情院)院長になるという噂が飛びかっていて、国情院では相当、警戒している。任が院長になれば金与正へ情報は筒抜けになる不安がある。これは脱北者の情報についても同じこと。自分たちの詳細な情報が北朝鮮に流れてしまう可能性が高い。国情院長のポストに任が指名されることは、文大統領北朝鮮のただの操り人形になるというメッセージを送るようなものだ」

 こんな声があるのを察知してか、与党「共に民主党」では、任元秘書室長の人事を巡って「リベロサッカーでいう、攻撃可能な自由なディフェンダー)として活用できる方法を探さなければいけない」(ソウル新聞6月22日)という声が高まりつつある。別の中道系韓国紙記者は言う。

「韓国国会には人事聴聞委員会がありますから、その間、ほぼ2カ月がロスされることになる。いずれのポストに任元秘書室長を指名しても野党にとっては格好の突っ込みどころとなりますから、最終的に通過はしても、時間がとられることは必至。その間に南北の危機がより深刻化してしまう可能性もあり、大統領の対北特別補佐官として動いてもらったほうがいいという声が与党内部で大きくなっています。

 それに任元秘書室長本人はいずれのポストにも就きたくないと言っているともいわれますから、対北特別補佐官がいちばん現実的かもしれません」

対北ビラ問題は単なるブラフ?

 一方、北朝鮮は、南北共同連絡事務所爆破後、次は国境地域に軍を配備し、非武装化の進展を解体すると公言し、韓国を非難する拡声器を国境近くに再配置した。

 対北ビラを巡り緊張が高まる中、韓国の脱北者団体「自由北朝鮮運動連合」が朝鮮戦争勃発70周年を迎える6月25日、対北ビラ散布を強行すると宣言したことに対し、北朝鮮の朝鮮中央通信は22日、「報復の時間が近づいている」とし、「過去最大規模のビラ散布闘争のための準備が終わっている」と伝えた。北朝鮮側も韓国を非難するビラ1200万枚とそれを飛ばす風船3000個を用意したという。

「自由北朝鮮運動連合」は23日、前22日深夜に対北ビラを飛ばしたという声明をだした。しかし、風向きが悪く、韓国内で風船が落下したことが確認されている。この対北ビラを巡っては、散布を止めようとしていた行政や国境付近に住む住民と、表現の自由だとして反発する保守派などとの間での葛藤が深まっていた。

 北朝鮮朝鮮労働党機関紙『労働新聞』は翌24日、金正恩朝鮮労働党委員長が党の中央軍事委員会を23日主宰し、「最近の情勢を評価し、対南軍事行動計画の保留を決定した」と伝えた。

 冒頭の記者は言う。

「結局、金与正の罵倒と行動に韓国が大揺れしたことが評価されたわけです」

 韓国の外交安保ラインの新たな顔ぶれは、どんな対北政策をとるのか。そしてそれは、金正恩、与正兄妹を微笑ませることになるのか。

 再選が禁じられている文大統領の任期は残り1年9カ月あまり。

 文大統領が2回の南北首脳会談で交わした“約束”を果たそうと自身の退任前に再び南北首脳会談を推進する可能性が囁かれ始めている。

(菅野 朋子)

金与正 ©getty