新型コロナウイルス感染拡大に伴い多くのアーティスト活動・音楽活動が制限される中、リモートコラボで新たな音楽制作の形を実現するプロジェクト「TELE-PLAY」が始動した。

【写真を見る】50歳に見えない可愛さに視聴者騒然!「ダウンタウンなう」にゲスト出演したChara

企画のプロデューサーは、発案者でもあるポップバンドCRCK/LCKS(クラック・ラックス)の小西遼。作詞・作曲から、レコーディングミックス作業、MV撮影まで、楽曲制作にかかわる全行程が完全リモートで制作された。

「TELE-PLAY」第1弾となる楽曲「あいにいきたい(feat. BASI, Chara, SIRUP, TENDRE and Ryo Konishi)」には、CharaSIRUP、TENDREといったボーカリスト陣に加え、ラッパーのBASI(韻シスト)、さらに屋敷豪太、HSU(Suchmos)、Shin Sakiura、A.G.O (CIRRRCLE)、そして世界的に活躍するジャズ作曲家の挾間美帆など、錚々たるメンバーが集結した。

同作は、 本日6月24日夜9時からJ-WAVESONAR MUSIC」にて初オンエア。さらに、6月30日(火)から各音源配信サービスにて配信がスタート。MVも公開となり、楽曲制作・MVのドキュメント映像も有料コンテンツとして配信される。(ザテレビジョン

Charaほか豪華アーティストが参加する、リモートコラボプロジェクト「TELE-PLAY」が始動