2020年6月26日、韓国のLCC・ジン航空は、セブ発ソウル経由、関西・成田行き特別臨時便を運航する。新型コロナウィルス感染確認者が急増しているセブ市では、1家族に1枚配布されていた通行証25万枚を無効にし、外出規制を最大限強化すると地元メディアが伝えている。

 セブ・日本人会は、搭乗者の不安を払拭し安全に空港に到着できるよう、在セブ韓国総領事とジン航空が、セブ市、マンダウエ市、ラプラプ市に働きかけ、トラベルパスが発行されたと伝えた。

 セブ・日本人会は、日本人スムーズに帰国できるよう臨時便の調整や、情報を発信している。

 フィリピン新型コロナ感染者数は、32,295人。死亡者1,204人。回復者8,656人。ラプラプ市長は、コロナウィルス感染から回復し25日から職務に復帰する。

ジン航空機のイメージ