(武藤 正敏:元在韓国特命全権大使)

JBpressですべての写真や図表を見る

 朝鮮中央通信は6月24日金正恩国務委員長朝鮮労働党委員長)が23日に党中央軍事委員会の予備会議を開き、朝鮮人民軍総参謀部が提起した韓国に対する軍事行動計画を保留した、と報じた。

 北朝鮮の態度の変化はそれだけではない。南北軍事境界線付近に設置していた宣伝放送用の拡声器を撤去し、北朝鮮の対外宣伝メディアは韓国批判の記事を突如削除したのだ。

 これにより、急激に高まっていた南北の緊張の水位が、一転して急低下した。

バッドコップとグッドコップ

 6月4日金与正(キム・ヨジョン)氏が韓国から北朝鮮に送られてきたビラを批判する談話を発表して以来、北朝鮮は韓国との関係を急激に悪化させてきた。金与正氏は、「対南関係を対敵関係」に転換、南北間の通信ラインを遮断し、南北共同連絡事務所を爆破し、そして対南軍事行動を指示した。これを受けて、朝鮮人民軍総参謀部は南北共同連絡事務所を爆破した16日当日、(1)金剛山・開城工業地区への軍部隊展開、(2)非武装地帯内監視所の再設置、(3)前線地域での軍事訓練、(4)対韓ビラ散布、という4つの軍事行動計画を予告し、中央軍事委員会の承認を得ると明らかにしていた。こうして南北の緊張は一気に高まった。

 ただこの時から、北朝鮮の行動について、「金与正氏が悪役『バッドコップ』の役割を果たし、正恩氏がこれを宥める善玉『グッドコップ』の役割を果たすのではないか、いずれ矛を収めるのではないか」との憶測はあった。つまり、まずは強面の警官が厳しく取調べをし、その後で優しい言葉で親身な態度で話を聞いてくれる警官が登場すれば、容疑者はやすやすと自供する。もちろん、悪い警官とよい警官は、自白をさせるため、初めから役割を分担して各々の役割を演じている。こうした心理的戦術を金正恩氏と金与正氏がとっているのではないかということだ。

 結果としては、まさに金正恩氏が軍事行動計過去を保留するということでその憶測通りになったが、北朝鮮としては当初からこの落しどころを狙って計画していたのかもしれない。

 従来、北朝鮮は経済的な利益を目的とし「瀬戸際外交」を展開してきた。だが今回の動きを見ると、どうもこれまでのような単純な瀬戸際外交としてとらえるのは適当でないように思う。巧妙な仕掛けがいくつも見受けられるのだ。

 一つには今回のタイミングだ。6月25日は、北朝鮮と韓国にとって、極めて重要な日時になる。朝鮮戦争開戦の日だからだ。

 今回、北朝鮮は6・25の直前に韓国に対し強硬な行動に出ることで、世界に緊張を走らせた。そして韓国を大いに震え上がらせ、さらに南北の緊張緩和を恐れた中国から食糧支援(コメ60万トン、トウモロコシ20万トン)を得ることができた。困窮により統制が乱れつつあった国内を引き締めることにも成功した。

 このように一定の目的が達成されたことが、軍事行動計画を保留した大きな要因であろう。

 他方で、南北そして米国との緊張関係が高まったことで、米軍の圧力が強まってきた。北朝鮮が軍事的行動を控えた裏には、この米軍の動きもあったはずだ。

変質した北朝鮮の行動様式

 北朝鮮の外交活動は、かねてから「瀬戸際作戦」や「瀬戸際外交」と呼ばれてきた。相手国との緊張を意図的に高めて、本格的な衝突を回避しようとする相手から譲歩を引き出す作戦だ。ところが今年に入ってからの北朝鮮の行動を見ていると、「瀬戸際作戦」を脱したように見える。言うなれば「攪乱作戦」に変わっているのだ。

 方針の転換は、北朝鮮の国内が窮乏しているのに米国が北朝鮮に譲歩する様子を見せず、苦境から脱する道筋が見えない、ということに原因があるのかもしれない。

 いずれにしても北朝鮮の行動は明らかに変質したように見える。まずは金正恩氏が行方をくらまして以来の北朝鮮の行動を分析してみよう。

攪乱作戦の始まり

 金正恩氏は5月1日、順川(スンチョン)の化学肥料工場に登場することで、20日間続いた金正恩氏重病説、死亡説に終止符を打った。それまでの20余日、核のボタンを手にしている正恩氏の動向が「真っ暗闇状態」に陥っていたことで、韓国ばかりでなく、世界中で多くの憶測を呼んでいた。

 北朝鮮という国ほど、首脳の動静が察知しにくい国はない。金日成氏、金正日氏の死亡の時も、北朝鮮当局の発表があって初めて他国はその事実を知ったのであり、今年の正恩氏に関して流れた憶測もかなり深刻なものであった。そこへの突然の再登場。世界は大きな驚きでその登場を受け止めた。正恩氏は、核ミサイルの開発に邁進し、世界を不安定化に導いている人物ではあるが、軍や党を掌握できる人物がいなくなれば、北朝鮮情勢は一気に流動化しかねない。北朝鮮が一層不安定化することを恐れていた人々は、正恩氏の再登場に正直安堵したものである。

 しかも、正恩氏が再登場の場に選んだのは肥料工場だった。新型コロナ以来、食料や生活必需品不足に直面し、北朝鮮の中で最も豊かな平壌に住む党軍政府の幹部の間ですら配給が停止された状況の中で、「正恩氏は庶民の生活に心を配っているのだ」と伝える効果があった。もちろんこの場を選んだのも計画的であろう。

 劇場型政治としてはこれほど効果的なシナリオはあるまい。今回の軍事行動保留も同じようなシナリオで描かれていたものと見ていいだろう。

瀬戸際作戦の限界

 韓国の脱北団体によるビラ散布以降に見せた北朝鮮の強硬策は、おそらく瀬戸際作戦に限界を感じ、見切りをつけた結果であろう。それは、北朝鮮を取り巻く状況の変化がもたらしたものだ。米国の対北朝鮮姿勢の変化と韓国政府の態度である。

 トランプ大統領は最近、北朝鮮に対する制裁を1年延長した。また、陸軍士官学校の卒業式に出席して、「遠い国の紛争解決」への役割を否定した。トランプ大統領は、11月大統領選挙で劣勢に立たされており、北朝鮮の状況に積極的に関与し、北朝鮮と交渉することは望み薄である。

 それに加えて韓国である。韓国は、米朝双方に取り入って米朝首脳会談を実現させたが、同時に双方に都合のいい情報を吹き込み、会談決裂の原因を作ったとも言える。文在寅氏のほうは、今年に入り、米朝仲介から南北協力に路線を切り替えたように見えるが、北朝鮮を救済する行動にはつながっていない。総選挙による勝利で韓国内の地盤を強化はしたが、北朝鮮への対応は相変わらず優柔不断である。

 北朝鮮の一連の行動が、米韓からの支援や、対北制裁の緩和を求める瀬戸際外交ではないかとの見方は依然としてあるが、これは希望的観測であろう。外交・軍事の一線にあった人間としては、最悪の事態も想定しておく必要があると考えている。

 もはや北朝鮮も、米国や韓国が容易に対北支援に乗り出すなどとは思っていまい。「瀬戸際作戦を続けても、米韓からは多くのものは得られないだろう」との判断が、従来の作戦を転換させたと考えるべきだろう。

 さらに、今も健康不安説が消えない正恩氏の健康に今後異変が起こり、北朝鮮指導部の中で混乱があれば、国内の一層の不安定化が避けられない。日本や米国、中国や韓国はそうした不安の目で北朝鮮を見ていた。だが正恩氏は再登場し、今回は軍事行動を保留した。6・25の直前の緊張高揚だっただけに、ほっとした雰囲気になったというのがウソ偽りのない心境である。その意味でも、劇場型の攪乱戦術は効果的だと言える。

攪乱戦術第一の目的は国内の引き締め

 さて、これまで瀬戸際作戦は北朝鮮の対米、対韓政策の柱であった。これが破綻したとするならば、今後どのような展開が予想されるのであろうか。まず最近の動きを振り返ってみよう。

 北朝鮮新型コロナへの対応から、国内の物資不足が以前にもまして深刻になっており、平壌での配給停止のほか、地方の住民たちの抗議活動にも強力に対処ができなくなっている。さらに食料困窮から軍人による略奪行為が激化、住民との対立が各地で発生するなど、国内不安定化の要素が強まっている。そのため、国内の引き締めを強化しなければ体制維持にも支障をきたしかねない状況である。

 これを加速しかねない問題が、韓国からのビラ散布による体制批判、金正恩氏を侮辱し、威信を傷つける行為だった。6・25にはさらに韓国から1000万枚のビラが飛来すると言われていた。これを抑え込むことが最初の目的だったのであろう。

 与正氏が、ビラの取り締まりを求めたことに韓国政府は直ちに反応し、ビラ禁止の法律を作成する動きとなり、軍・警察を動員しビラの散布を妨害する動きとなった。

 韓国は南北間の通信ラインの遮断にも反応し、対話の継続を強く求めている。そして決定的に韓国を驚かせたのが南北共同連絡事務所の爆破であり、それに続く軍事行動計画である。劇場型シナリオで韓国を驚かせたことで、韓国は何でも言うことを聞くようになった。

金与正氏が「バッドコップ」となった意味

 かつて金正日氏の妹、金敬姫(キム・ギョンヒ)氏も、朝鮮労働党の副部長となり、兄の正日氏が脳卒中で倒れた後、兄を助け、通貨改革の混乱の中、財政部長の処刑を主導したことがあった。また、何十万人もの人民が死亡したと言われる「苦難の行軍」の際にも彼女は秘密裏に地方を取り締まり、兄に代わり悪役を引き受けた。

 金与正氏は、静かに実務をこなした叔母とは異なり、華々しくソウルを訪問し、平和の使者のイメージを植え付けたかと思うと、今度は態度を一転、文在寅大統領に向けて「毒舌」を吐き、実質的に北朝鮮ナンバー2として韓国威嚇の急先鋒になっている。

 与正氏は、正恩氏にもしものことがあれば、「白頭の血統」として後を継ぐと言われている。しかし、与正氏は女性であり、北朝鮮軍を抑えていくためには、強い指導者であることを示し、軍指導の実績も作る必要がある。

 最近の与正氏の「バッドコップ」的行動の目的が、こうした「実績作りの一環」とすれば、その目的は十分に果たされたと言えよう。

文大統領へのしっぺ返し

 目的はもう一つあったはずだ。

 ハノイでの米朝首脳会談が失敗したことで、正恩氏の最高指導者としての権威は大いに傷ついた。北朝鮮指導部としては、この失敗は文在寅氏の助言のせいであることを北朝鮮住民にアピールし、文大統領に報復してみせる必要があった。

 これについても今回、韓国との通信を断絶し、文在寅氏を糾弾することで十分面目が立ったであろう。特にビラ問題で北朝鮮が韓国の優位に立つことになる。韓国の経済力に負い目を感じている北朝鮮としては、韓国よりも優位に立つことが重要である。

 さらに、韓国で国会議員となるなどしていた脱北者の活動を抑え込むことにもある程度成功している。韓国において、脱北者が中心となった北朝鮮を批判する行動については、文政権がより厳格に取り締まっていくことになりそうだからだ。

中国から引き出した食糧支援

 中国事情に精通した北朝鮮消息筋によると、中国は北朝鮮にコメ60万トン、トウモロコシ20万トンを送ったことが21日明らかになった。中朝関係は、以前は「血でつながれた同盟関係」と言われてきたが、最近はギクシャクしていた。北朝鮮は中国の言うことを聞かず、核ミサイル開発を継続し、これを抑えない中国に国際社会の批判が集まっていたからだ。また、中国で新型コロナが流行した時には、北朝鮮は他国に先んじて中朝国境を封鎖した。

 しかし、中国にとって北朝鮮が混乱し、不安定化することは、地政学的に好ましいことではない。大量の難民が発生する危険性も増す。朝鮮半島での軍事的衝突は絶対に避けてほしいと思っていた。

 一方、北朝鮮にとっては、危機を演出することで今回、中国から援助を引き出せた。これは大きな成果と言える。今後も中国に対する依存を深めていくであろう。

米軍の動きが牽制となる

 北朝鮮の挑発行動が激化して以来、米の原子力空母3隻が、フィリピン海など、朝鮮半島から遠くない西太平洋で作戦中であることが判明した。空母セオドア・ルーズベルトニミッツが21日から第7艦隊の作戦区域に配置された。もともと第7艦隊に所属していた空母ロナルド・レーガンもこの海域で作戦中である。「敵地を攻撃するには、少なくとも3隻の空母を集結させる必要がある」と言われるが、その条件が整ったことになる。おそらく金正恩は、米軍の動きに焦ったはずだ。

 さらに北朝鮮の最前線地域に拡声器が構築された時には、米軍の偵察機8機が同時出動している。「遠い国の紛争解決はわれわれの義務ではない」というトランプ大統領の言葉とは裏腹に見えるが、米軍は北の暴発を指をくわえて見ているわけではない。今回、北朝鮮は改めて米軍の機動力に畏怖したのではないか。

北朝鮮に対する警戒を緩めてはならない

 北朝鮮が挑発行動を強めれば、米軍の警戒態勢は一層強まるであろう。北朝鮮としてもいつまでも韓国を圧迫し続ければ、逆に米軍の圧力を受けることになる。

 ちょうど金与正氏が敷いた劇場型のシナリオが一定の成果をもたらしていた。そこで今回は、ひとまず矛を収め、様子見に転じたということだろう。ただし、北朝鮮の攪乱戦術は今後も継続されるはずだ。われわれは、北朝鮮が矛を収めたところで安堵してはいけないし、また攪乱に慣れっこになり、北朝鮮に対する危機感を薄れさせるのも危険である。

 これからの北朝鮮は、単なる軍事的行動をチラつかせることで譲歩を引き出すのではなく、もっと複雑なシナリオを作って、世界を不安がらせたり焦らせたりしながら、実を取るスタンスをとり続けるだろう。金正恩金与正という兄妹が、より巧妙に世界を翻弄しようとしている。北朝鮮に対する警戒を一層強めていかなければならない。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  ボルトン回顧録で韓国民の怒りが日本に向かう理由

[関連記事]

核心突かれ狼狽?ボルトン回顧録に猛反発の文在寅政権

「米韓同盟」の再強化なしに北の挑発は止められない

2018年4月28日、板門店で開かれた南北首脳会談の夕食会。金正恩委員長に向かって左が李雪主夫人、その左が妹の金与正氏(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)