サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回は元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏がバルセロナ時代に決めたゴールだ。

2003-04シーズンから移籍したバルセロナでは、天性のアイデアスキルを発揮し、多くのスーパーゴールを決めたロナウジーニョ氏だが、移籍初年度の2003年9月3日ラ・リーガ第2節セビージャ戦でのゴールも見事だ。

バルセロナ1点ビハインドの0-1で迎えた58分、GKビクトール・バルデスが左サイドロナウジーニョに展開すると、ボールを受けたロナウジーニョはドリブルを開始。まずは相手MFホセ・ルイス・マルティを簡単にかわすと、追いかけてきたMFハビエル・カスケーロもフェイントでいなす。そして、スピードに乗ったロナウジーニョゴールまでおよそ27mの位置から右足を一閃。矢のようなシュートは、相手GKアントニオ・ナタリオの手をかすめ、クロスバーを直撃してゴールに吸い込まれた。

このゴールロナウジーニョ氏にとってのラ・リーガゴール。ここからロナウジーニョ氏のバルセロナでの伝説が幕を開けたのだった。

サムネイル画像