国際協力NGOジョイセフ(東京都新宿区・理事長:石井澄江)が共同幹事を務めるSDGs市民社会ネットワークのジェンダーユニットは、日本政府が今年度改定する男女共同参画基本計画に向け、7月9日(木)、15:00から17:00まで、オンライン会議システムZoomを使って勉強会を開催します。


 私たちは、2020年度中に予定されている第5次男女共同参画基本計画の策定に向けて、一人ひとりが基本計画の内容についての理解を深め、パブリックコメントを提出することにより、より多くの一般市民の声を基本計画に反映させること目指しています。
 今回の勉強会では、はじめに第5次男女共同参画基本計画の策定に関わる内閣府男女共同参画局の担当官や専門調査会委員の方々に、個人の資格で登壇いただき、背景となる情報やご意見を伺い、質疑応答を行います。 その後、参加者同士の自由な意見交換も実施する予定です。 新型コロナウイルス拡大防止の観点から、勉強会はリモートで実施します。

イベント概要】
日時・場所:2020年7月9日(木)15時00分~17時30分
参加費:無料 Zoomを使ったオンラインミーティング(300人まで)
勉強会の映像は、申込者のみを対象に、後日Youtubeで期間を限定して配信します。

参加資格
男女共同参画基本計画第5次策定に関心を寄せる方であればどなたでも歓迎します。
5年後には社会人となる若者世代(高校生大学生20代)のご参加もお待ちしています。
Zoomによるリアルタイム参加は、先着300人までとなります。

主催 一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク ジェンダーユニット
後援 一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク


プログラム
第1部 15時00分~15時30分
開会挨拶(石井澄江:SDGs ジャパン ジェンダーユニット共同幹事)
基本計画改定の骨格・日程について(15分)
 佐藤勇輔(調整中)(内閣府男女共同参画局総務課企画官)
質疑応答(15分)

第2部 15時30分~16時30分
基本計画に含めるべき日本のジェンダー課題とは
 種部恭子(産婦人科医)
 辻村みよ子(東北大学名誉教授、弁護士
 山田昌弘(中央大学文学部教授)
質疑応答(30分)
閉会挨拶:(織田由紀子:SDGsジャパン ジェンダーユニット共同幹事)

第3部 17時17時30分
ネットワーキングセッション(30分)

詳細・登壇者紹介:
https://www.joicfp.or.jp/jpn/2020/06/23/46379/ 

お申し込み
https://forms.gle/RzdPacXzo7o9jJ6s5 
お申し込み〆切: 2020年7月8日(水)10時まで


<男女共同参画基本計画とは>
男女共同参画基本法に基づき、国が2000年より策定している男女共同参画社会を実現するための5か年計画。2020年現在は、2015年に策定された第4次基本計画が適用されされており、本年12月に第5次計画が策定されることで、来年から第5次計画の下、国のさまざまな施策が実施される予定です。

<国際協力NGOジョイセフについて>
ジョイセフは、世界でセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツを推進する日本生まれの国際協力NGOです。1968年創立。国連、国際機関、現地のNGOや地域住民と連携し、アジアアフリカで、保健分野の支援活動を行っています。2017年に第1回ジャパンSDGsアワードパートナーシップ賞を受賞。2018年に創立50周年を迎えました。
ジョイセフHP:https://www.joicfp.or.jp/

配信元企業:公益財団法人ジョイセフ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ