0_e33

 鳥葬とは、中国青海のチベット地方、内モンゴル地方などで古くから行われている鳥を使った葬儀のことで、現在もその伝統は続いている。

 チベットの鳥葬はムスタンの数百年後に始まったと考えられている。チベット人の多くは、輪廻転生を説くチベット仏教を厚く信仰している。彼らにとって死んでしまえば体はただの空の容器にすぎない。魂の抜け出た遺体は保存しておく必要はないため鳥に食べさせる葬によって処理をする。遺体は細かく切り刻んで放置し、ハゲワシのような死肉を常食する鳥に食べさせる。


―あわせて読みたい―

盛大なる祭りの後断崖絶壁に死者を埋葬する貴重な文化遺産、インドネシアのトラジャ族のお葬式
遺体安置所にゾンビ?死んでいたはずの遺体が復活して大騒動(南アフリカ)
明るい葬式:女子マーチングバンドが個人の棺のまわりを行進する台湾のお葬式

 鳥葬にはまた、多くの生命を奪って生きてきた人間が死後、魂が抜け出た肉体を、他の生命に役立ててもらおうとする思想もある。

 鳥葬は、郊外の荒地に「祈りの旗」と呼ばれる無数の布をかけた鳥葬台を作ることからはじまる。

 鳥葬はそれほど身分の高くない一般人の遺体を葬送する手段とされており、遺体の一部は一年間沈黙の塔に安置され、風雨にさらされる。男女は別々の場所に置かれる。

  鳥葬の儀式では、ラマ僧が遺体のそばでマントラを唱え、ビャクシンの香をたく。その後、遺体はラマ僧か専門の職人によって解体される。解体職人は仏教の教えに従って、高潔な精神で作業をこなし、死者の魂を天へ解放する。


Sky Burials: Tradition Becomes Controversial Tourist Attraction | Short Film Showcase

 解体職人は、肉が食べつくされ、骨が残されると、それを槌などで叩きハゲタカが食べやすいようにする。

 それでも残った骨は、さらに細かく砕いてツァンパという大麦と一緒にすりつぶす。茶葉入りの大麦粉やヤクのバターミルクの場合もある。

 今度はそれをハゲワシが去るのを待っていたカラスやタカなどに与える。遺体を余すところなくすべての鳥に分け与えるのだ。


Tibetan Sky Burial

 チベット高地で鳥葬が一般的になった理由のひとつにその土地柄も関係している。大きな木がほとんど生えないチベット高地で火葬を行うには薪の確保が困難である。

 また、寒冷地帯であるため、土が固く穴掘りも困難で、微生物による遺体の分解も不完全となるため、土葬にするのも大変だ。

 その為、病原体の拡散が起こりうる危険性のある伝染病の死者以外には鳥葬が行われるようになったのだという。

 観光客が撮影したチベット、鳥葬の様子

via:dailymail / konohazuku

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52148034.html
 

こちらもオススメ!

―歴史・文化についての記事―

湖に沈んだ中世の村が27年ぶりに再浮上の可能性(イタリア)
1906年製のアメリカ陸軍戦闘糧食(レーション)を開梱、試食してみた
2600年前、武器とともに埋葬されていたのは13歳の少女戦士だった。遺体調査で明らかに(シベリア)
集団ヒステリーがいかにパンデミックを悪化させるか。その対処法は?
地中レーダーで古代ローマの地下都市の全貌が明らかに!

―知るの紹介記事―

仕事が少なすぎて辛い。「退屈症候群」になった男性、雇用主を訴え続け4年後勝訴(フランス)
日本のアンドロイドロボット「エリカ」がハリウッド映画の主役に抜擢
鳥取県のソウルフード。タバスコと鶏ひき肉が決めての「スタミナ納豆」のレシピ 【ネトメシ】
1万2800年前、彗星の爆発で滅亡した古代の村。それは農業の始まりとも関係がある可能性(シリア)
空が裂けた!全長700キロの巨大雷「メガフラッシュ」が世界最長記録を更新
故人を天へと送り届ける儀式、チベット伝統の葬儀「鳥葬」