森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん事件に関連し、自ら命を絶った財務省近畿財務局の赤木俊夫さん。妻の雅子さんは国と佐川元財務省理財局長を提訴したが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、裁判開始は延期(初公判は7月15日に決定)。初公判を待つ雅子さんの胸中は揺れ動いた。

 ジャーナリストの相澤冬樹氏が、雅子さんと交わした膨大なLINEを初めて公開する。

◆ ◆ ◆

週刊文春WOMAN読者の皆さまへ

 元気な夫が突然うつ病になった。本屋に行ったらそんな名前の本がたくさん並んでいます。ある日本当にそんなことが自分に起きました。その本を読んでみても私の夫は何かが違いました。それは改ざんがあったからです。いまだに改ざんの真相はわかっていません。私はそれを知るために裁判を起こしました。

夫の手記公表後、雅子さんを取り巻く環境は一変

 これは赤木雅子さん(49)から読者へのメッセージです。この記事を書くにあたりお願いしたところ、20分ほどでたちまち書き上げLINEで送ってくれました。雅子さんの夫、赤木俊夫さん(享年54)は財務省近畿財務局で国有財産の管理を担当していました。

 3年前、森友学園への国有地の8億円もの値引き売却が発覚した時、取り引きをめぐる公文書の改ざんを上司に指示され、反対しても聞き入れられず、心ならずも改ざんさせられてしまいました。俊夫さんはそのことを苦にうつ病になり、休職中にさらに悪化して、2年前、命を絶ちました。死の間際に、知る限りの事実を「手記」として残しました。

 夫は真実を皆さんに知ってほしくて手記を書いたに違いない。雅子さんはそう感じていましたが、夫の職場の財務局は公表しないよう強く求めてきました。押しかけてくるマスコミも怖い。だから公表せずにいましたが、夫の死を招いた改ざんや、その原因になった国有地の巨額値引きについて、財務省はいつまでも真相を明らかにしません。

 そんな時、森友への国有地値引き問題を追及してNHKを辞めた私のことを知り、連絡をくれました。それから1年4か月。話し合いを重ねる中で、雅子さんはついに決断します。夫の三回忌を終えた今年3月18日、手記を週刊文春で公表し、改ざんを指示したと夫が手記で書いた佐川宣寿元財務省理財局長と国を相手に裁判を起こしました。すべては夫の死の真相を知るためです。財務省が説明しないのなら、裁判で説明させるしかないと心を決めたのです。手記の公表を週刊文春にしたのは、私がNHKを辞めた後、記事を書いていたからです。

 そして3か月、雅子さんを取り巻く環境は激変しました。日本中から共感と励ましの手紙やメールが(代理人の弁護士を介して)届きます。大勢の人が雅子さんのことを知るようになりました。同時にネット上には中傷とも受け取れる言葉も現れ、気持ちが揺れることもあります。それでも俊夫さんの無念を胸に前に進んでいます。その姿を、雅子さんと私の1000通に及んだLINEのやり取りなどを中心にご紹介します。

「相澤さん、毒盛る話はちょっと危険じゃないですか?」

 今年3月15日、手記公表と提訴の3日前。私は週刊文春に載せる記事の原稿を赤木雅子さんに送り確認を求めました。そこでは、俊夫さんが亡くなった直後、自宅を訪れた近畿財務局職員との次のようなやり取りを紹介していました。

《雅子さんの目の前で「赤木を殺したのは朝日新聞や!」と叫んだ職員もいた(注・直前に朝日新聞が改ざんについて初めて報じた)。でも雅子さんは「殺したのは財務省でしょ」と冷ややかに見ていた。「財務局で働きませんか?」とも持ちかけられたという。雅子さんは「佐川さんの秘書にしてくれるならいいですよ。お茶に毒盛りますから」と答えた。痛烈な皮肉に相手は沈黙した。》

 この部分について雅子さんからメッセージが届きました。

雅子さん 相澤さん、毒盛る話はちょっと危険じゃないですか? まだ消せますか? それ以外なにも問題なく夫も喜んでいると思います! たくさんの人が読んでくれたらいいですねー。

――もちろん消せます。毒盛る話、私は赤木さんのユーモアセンスが感じられて好きですけど。

雅子さん そうですか。笑えるならOKです。

――はい。ああいう状況でもユーモアを忘れない、強烈な皮肉に財務局沈黙、というのが本当に素晴らしいです。

雅子さん 相澤さんはお仕事で慣れておられるのでしょうが、私は初めてのことで、記事や写真がこんなに掲載されると思ってなかったのでビビッてます。足が震えます。

――いや、こんな大きな扱いは私も初めてです。

2回めのデートプロポーズした赤木俊夫さん

 雅子さんは地元・岡山県で薬局に勤めていた時、同僚の紹介で、近畿財務局の職員だった俊夫さんと出会います。会って2回目のデートでいきなり「結婚しよう」とプロポーズされ「はい、お願いします」と応じました。「即答でした」と笑顔で振り返ります。「とにかく大きな声でよく笑う人で明るくて。それに誠実そうだと思って」。

 この時、雅子さん23歳、俊夫さん31歳。1994年平成6年12月のことでした。その翌年1月17日阪神・淡路大震災が起きますが、二人はその年の6月18日に結婚。新婚生活を神戸で過ごします。その後、俊夫さんの転勤に伴って各地を渡り歩きますが、一番気に入った神戸に住まいを買って夫婦二人で暮らしていました。

「いえ、私は趣味『赤木俊夫』ですから」

 音楽や映画、落語、建築、書道と趣味の幅広い俊夫さんに付き合い、コンサートや展覧会、寄席などに通った雅子さん。「雅子さんもそういう趣味があったんですか?」と尋ねると「いえ、私は趣味『赤木俊夫』ですから」と即答が返ってきました。大好きな夫の好きなことに付き合う、それが雅子さんの趣味でした。ずっと幸せに20年余り暮らしてきたのに、あの改ざんですべてが奪われてしまいました。

 なぜそんな改ざんをしなければならなかったのか? 財務省が公表した内部調査の報告書はその疑問に答えていません。だから雅子さんは「公平な第三者による再調査」を求めています。

 3月18日、提訴と手記公表の当日。弁護団が大阪地裁で記者会見し、雅子さんのコメントを読み上げると、テレビが速報し、国会でも取り上げられました。ところが麻生財務大臣は、雅子さんが望む改ざんの再調査をしないと発言しました。

麻生大臣は夫の上司やったのに

――麻生大臣が「新事実はないから再調査はしない」と話したそうです。

雅子さん 悲しすぎます。麻生大臣は夫の上司やったのにこんな扱いされるんですね。もう一度調査してほしいです。

――麻生大臣は俊夫さんが亡くなった原因は「役所内の風土と結論付けている」とも述べたそうです。

雅子さん 組織の風土が原因なら麻生さんの責任だと思います。今でも本当のことを話せない状態です。このままだとまた死人が出ると思います。悪しき風土を作っているのは麻生大臣です。

――安倍首相も再調査を拒否しました。

 すると雅子さん「えー。そうなんですか」と返した後……

雅子さん 安倍首相2017年2月17日の国会の発言で改ざんが始まる原因をつくりました。麻生大臣は墓参に来てほしいと伝えたのに国会で私の言葉をねじ曲げました。この2人は調査される側で、再調査しないと発言する立場にないと思います。

 このあたりの切り返しの鋭さが雅子さんならではです。記事への反響の大きさが雅子さんを勇気づけました。

 手記を公表すべきかどうか、雅子さんは夫が亡くなってから2年間、迷いに迷いました。それだけ夫の職場だった近畿財務局側の呪縛が強かったと、側にいた私は感じていました。

「一生忘れられない光景です」

 国会でこの問題が取り上げられている時、病院にいた雅子さんからLINEが来ました。

雅子さん 病院の待合室で国会中継流れています。音は聞こえにくいですが夫の手書きの遺書が大きく映し出されています。うまく聞こえないのにみんながテレビに釘づけになりました。一生忘れられない光景です。

 3月27日、雅子さんは、真相解明のための再調査に賛同を求める署名活動をチェンジドットオーグというキャンペーンサイトで始めました。翌28日、署名は早くも10万を突破しました。

――おめでとうございますチェンジドットオーグの担当者に問い合わせたところ、今回の募集は日本で過去最多最速と確認されました。凄すぎます。

雅子さん 嬉しくて涙が出ました。夫は正しかった。今日は54歳で亡くなった夫の誕生日です。最高のプレゼントを皆さんからいただきました。私は夫がもがき苦しみ死を選んだ真相が知りたいです。きっと安倍首相、麻生大臣にこの声が届くと思います。ますますあの2人を敵に回しますね。

――首相と財務大臣にけんかを売るなんてすごいですね。

雅子さん 夫が命がけで残した手記と遺書です。再調査していただけるまで私も命がけでお願いし続けていきます。

 続きは発売中の『週刊文春WOMAN 2020夏号』でご覧ください。

大阪日日新聞記者/あいざわふゆき
1962年宮崎県生まれ。東大法学部卒、87年NHK入局。2018年、森友事件の取材の最中に記者職を解かれNHKを退職。著書に『安倍官邸vs.NHK』(文藝春秋)。

(相澤 冬樹/週刊文春WOMAN 2020夏号)

結婚が決まった頃、職場の仲間が開いてくれたお祝いの会で