サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はバルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシゴールだ。

6月24日に34歳の誕生日を迎えたメッシだが、2004-05シーズントップデビュー以降、これまでのキャリアにおいてバルセロナで「629」ものゴールを決めている。

数多くのスーパーゴールを決めてきたメッシだが、今回は2011年3月8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、アーセナルとの2ndレグのゴールだ。

ウェイでの1stレグを1-2で落としていたバルセロナだが、49分にメッシが魅せる。敵陣ボックス前でMFアンドレス・イニエスタボールを奪うと、絶妙なタッチで相手DFを引き付ける。

ギリギリまで引き付けたところで、イニエスタは相手DFの間を抜く浮き球のパスを選択。上手くトラップしたメッシは、相手GKマヌエル・アルムニアとの1対1になるが、落ち着いてボールを浮かせて簡単に抜いてしまう。最後は無人のゴールに左足で叩き込んだ。

メッシ2009-10シーズンのCLでもアーセナル相手に1試合4得点を記録。アーセナルサポーターアルムニアにとっては、トラウマのような存在かもしれない。

サムネイル画像