メイン画像

あす1日(水)は、東日本や西日本で晴れ間の出る所がありますが、これまでの大雨で地盤の緩んでいる所では、土砂災害に注意が必要です。2日(木)は、関東から九州にかけて、晴れて厳しい暑さとなる所がありそうです。

あす1日(水)は西日本で天気回復も 油断は禁物

画像A

あす1日(水)は、前線が東日本を通過するため、東北や北陸、関東では雨や雷雨の所が多くなりそうです。北海道は低気圧の影響で断続的に雨が降り、局地的にカミナリを伴うでしょう。一方、東海から九州にかけては、昼頃から晴れる所が多い見込みです。ただ、これまでに大雨となった所では、雨がやんだ後も土砂災害や河川の増水に注意してください。

2日(木)は真夏日の所が多く、厳しい暑さに

2日(木)は前線が南下し、本州付近は高気圧に覆われる見込みです。このため、関東から九州にかけては、日中は広い範囲で青空が広がるでしょう。最高気温は30度以上の真夏日となる所が多くなりそうです。
梅雨の晴れ間に気温がグッと上がると、熱中症の危険度が高まります。いつもより意識して、こまめに水分をとり、たくさん汗をかいたら塩分も補給するようにしましょう。

週間 木曜日は梅雨の晴れ間で熱中症に警戒