ベンチャー企業のバカンと東京建物は6月30日オフィスビルなどの個室トイレで動画広告を流すサービスを開発すると発表した。壁にタブレット端末を配置し、約30秒の広告を複数本再生。パーソナルな空間で配信することで、利用者に見てもらう確率を高める。IoTセンサーと連携し、混雑時は広告の本数を減らす。

【その他の画像】

 今後、東京都中野区オフィスビル「中野セントラルパークサウス」などのトイレで実証実験を行い、今秋の商用化を目指す。

 利用者が広告を見る影響で、個室の回転率が落ちるケースを防ぐため、個室トイレのドアなどに混雑状況を検知するIoTセンサーを設置。動画配信システムと連携させる。

 混んでいる場合は広告の本数を減らす他、個室の利用時間や外の混雑状況を端末に表示し、利用者に自主的な退出を促す。

 オフィスビルの個室トイレでの動画広告配信は、ターゲティング精度や到達率の高さが期待できる一方で、混雑を助長する恐れがあるため商用化が難しかったという。バカンはトイレの混雑状況を可視化するIoTサービスを手掛けており、技術やノウハウを生かせるため開発に着手した。

 今後は商用化に向け、実験結果を踏まえてサービス内容を改善する。

個室トイレで動画広告を配信する仕組み