菌類学者の面白実験

キノコの本でキノコを栽培してそれを食べる科学者 image by:Merlin Sheldrake

 科学者の原動力はその飽くなき探求心にある。彼らの尽力により社会はより良いものとなっていくわけだが、時に常人には想像もつかない奇想天外なことを「科学の名のもとに」実験してくれたりもする。

 ミステリアスな菌類に魅せられたある科学者はとてもユニークな方法で「ヒラタケ」というキノコの旺盛な食欲をし証明した。

 自分で書いたキノコの著書でヒラタケを栽培、ワサワサと育ったヒラタケを本からちぎって収穫し、自ら美味しくいただくという、驚きの自給自足法を動画で紹介してくれたのだ。

―あわせて読みたい―

女性を昇天させてしまう。ハワイに存在する媚薬キノコを検証(米研究)
科学者がまた体を張った。自らレゴブロックを飲み込み無事に排泄されることを確認。平均1.71日で排泄される(英研究)
エイリアンの卵ような殻の中には赤い悪魔の指。地球内生物の概念を覆すタコスッポンダケのリアルな姿がとらえられる(イギリス)
実に興味深い。小さくても壮大なインパクトを放つ美しいキノコの世界
ゾンビの足!?丸太の隙間から突き出た5本指にネットが震撼、その正体は?

これがヒラタケの咀嚼音だ!

 菌類学者のマーリン・シェルドレイク氏は、『Entangled Life: How Fungi Make Our Worlds, Change Our Minds, and Shape Our Futures(もつれた生命 キノコが形作る世界・心・未来)』の著者だ。

 今年初めにアメリカで出版された著書のPR動画はとにかく変わっている。真新しいはずの本は、食欲旺盛なヒラタケに捧げられ、まるで古墳から発掘されたばかりの古文書のようだ。

 そこには電極が取り付けられており、ヒラタケの生体電気を検出。これを振動に変換することで聞こえてくる奇妙なビートは、まさにキノコが本をムシャムシャと咀嚼する音だ(なお、キノコを使った新ジャンルの音楽もあるとのこと)。

食欲旺盛、何でも食べるヒラタケ

 動画の中でシェルドレイク氏が語っているように、ヒラタケはほとんどなんでも食べるという。原油からタバコの吸殻、さらには植物を枯らしてしまう除草剤までとにかくなんでもだ。お腹がペコペコならば、線虫を仕留めて殺すことだってあるのだそうだ。

キノコが本をガツガツ食べてくれるので、最初は嬉しく思いましたが、よく考えてみると、別に本の内容を気に入ってくれたわけではないですよね。

それでもホッとする眺めではありますけれど。究極の雑食性のキノコがちっとも食べてくれなかったら、少しへこみますからね。

今度は自分がキノコを食べる

 そうやって健やかに成長したキノコ付きの本を手にとったシェルドレイク氏、「今度はキノコが食べられる番ですよ」と宣言。

塩漬けにする分は取っておいて、残りはフライパンで焼いて今から食べちゃいます。――というわけで、ただいまニンニクと油でヒラタケを炒めています。シンプルにね

 食欲旺盛なヒラタケは栽培も簡単そうだ。ちなみにヒラタケは癖がなく、汁物、鍋物、炊き込みご飯天ぷらうどんなどさまざまな料理に利用できる。

 最近自宅で手軽にできる「シイタケ栽培キット」が流行っているけど、ヒラタケもよさそうじゃん?Amazonで「ヒラタケの種駒」が販売されているので、ちょっと育ててみようかしら。食欲旺盛っぷりとか見てみたい。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52292263.html
 

こちらもオススメ!

グッズ・商品の紹介記事―

サボテンが革素材に「ヴィーガンレザー」が開発される(メキシコ)
マスクも個性の時代へ。自然史や天文学のレトロなイラストがプリントされた布マスクが登場
強い(確信)腕が生えたマッチョな鶏の姿がネットで話題に
Apple愛に溢れたマニアが門柱をiPhone6で埋め尽くしネットで話題に
男は黙ってレースだぜ!涼しさとかわいらしさを兼ねそろえた男性用レースシャツ&ショートパンツが販売開始

サブカル・アートについての記事―

マスクも個性の時代へ。自然史や天文学のレトロなイラストがプリントされた布マスクが登場
Amazonの空き箱でスターウォーズ「デススター」を作り上げたダンボール職人、その作り方を紹介
オランダに買い物袋をくわえた巨大キツネが出現!
ギネス認定されたバットマンスーツ、30の多機能ガジェットを搭載(アメリカ)
異物融合。奇妙でシュールな日常の異世界空間を作り上げるロシアの人気インスタグラマーの作品
ある意味自給自足かな?自分の書いたキノコの本でキノコを栽培し、それを食べるという菌類学者の面白実験