サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はバルセロナブラジル代表FWネイマールサントス時代に決めたゴールだ。

2013年バルセロナに移籍するまで、サントスで公式戦134試合70ゴール35アシストを記録したネイマールだが、中でも見事だったのが、2012年10月17日に行われたブラジルセリエA第31節のアトレチコ・ミネイロ戦でのゴールだ。

この試合で2トップの一角として先発したネイマールは11分、味方からのパスを受けると相手DFを嘲笑うようなトラップで股抜きをかまし反転、潰しに来たCBのスライディングもかわすと、一気にスピードを上げボックス内へと向かう。カバーに来たDFも切り返しでかわすと、最後はシュートフェイントから相手GKの逆を突くシュートゴールネットを揺らした。

この試合には当時アトレチコ・ミネイロに所属していた元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏や先日まで名古屋グランパスに在籍した元ブラジル代表FWジョーも出場しており、彼らの眼前で若き日のネイマールがその実力を示したゴールだった。

サムネイル画像