シニア向けIT通信業「スマートシニア株式会社 (本社:東京都江東区、代表:藤澤哲雄、)は、7月1日(水)にオンライン上での葬祭プラットフォーム「追悼サイト」をリリースしました。 
コロナ禍】葬儀業が生き抜くためのプラットフォー

世界200万人以上が利用する追悼サイト (ネット上のお墓)7/1サービス配信開始

シニア向けIT通信業「スマートシニア株式会社 (本社:東京都江東区、代表:藤澤哲雄、)は、7月1日(水)にオンライン上での葬祭プラットフォーム「追悼サイト」をリリースしました。 

追悼サイトとは 

追悼サイトとは、欧米で有名人の訃報を伝える目的で、故人のサイトを作成し、「お悔み」や「死亡報告」を掲載することから始まりました。 その後一般へと浸透、故人の人生史、活動、追悼メッセージ、写真送付機能などが加わり、近親者「参加型」に変化しています。 さらに近年のソーシャルメディア普及、そしてコロナによる多大な影響により、「ネット上のお墓」として、州政府などの公的機関も含め、世界での利用者が200万人以上普及が広まりつつあります。

日本初の 追悼サイト

追悼.com は、だれでも簡単に作成でき、ご縁のあった方からよせられたメッセージで故人をしのぶことができるます。また、生前に作成し自分の遺影やメッセージを残すことができます。 技術的には、海外での運用実績を持つプラットフォームとの提携により、暗号化技術による個人情報保護、24時間365日の稼働監視、サイバー攻撃対応、永代(100年以上)サイト保護などの機能を備えております。
製品紹介 https://smartsenior.jp/online_memorial/



追悼サイトの特長
多くの人とつながる
1つの追悼サイトで、平均10名程度の方々と永続的につながります。このことは、故人の近親者との連絡・報告・サービス提案の機会を持てます。システム上で、これらの方々への連絡機能(メール、フェースブックライン)を備えています。

  2.シンプル・簡単作成
サイト専用ドメイン美しいオリジナルテンプレートでだれでも簡単に
PC、スマホからサイト作成いただけます。


3. オンライン上での安全確保
暗号化技術による個人情報保護、24時間365日の稼働監視、サイバー攻撃技術導入済み、永代(100年以上目標)サイト保護などの機能を備えております。

  4.プライバシーの設定
追悼サイト管理や運営面では、訪問者の登録・履歴・配信管理するための
公開・非公開を自由に設定できます。

  5. 追悼メッセージ(弔辞)
スマホやPCから、簡単に追悼メッセージ(弔辞)を送信いただけます。


6.写真(遺影)アルバム機能
PC、Facebookyou tubeから写真(遺影)、ビデオ、音楽をインポートして、簡単に美しい追悼アルバムを作成いただけます。




使い方・利用シーン

▢葬祭業の方々
  • 既存の製品・サービスの付加商品として簡単に売上を増やせます。
  • 1人の追悼サイトからリピーター(見込み客)を10人以上作れます。
  • 葬祭・行事スケジュール連絡・確認をオンライン上でも簡単に行えます。
  • お供物、花、ローソク、線香など他業者との連携販売が簡単に行えます。
  • 家族葬のような少人数の葬儀参列者でも感動葬儀の演出が可能です。
  • 生前からの葬祭関連サービスの営業・受注につながります
  • コロナなど感染症などの影響で一般葬が行えなくても、後葬やお別れ会の演出が可能です
  • 故人への供養という繊細なオケージョンで万全な安全性を提供いただけます

▢ ご遺族・近親者
  • いつでも、どこからでも、スマホやPCで故人の思い出や人生史、写真をご覧いただけます。
  • ご遺族や近親者が協力して追悼サイトを作成することで、故人の在りし日の様々な姿が映し出され、辛く悲しい時期の心の慰み(グリーフケア)になります。
  • メールラインフェイスブックなどを通じて葬儀・行事関連スケジュール管理が容易になります。

▢ 会葬者
  • ご高齢者や、遠方、海外、コロナ環境下で参列できない状況でも、故人へのお別れの機会が得られます。
  • いつでも離れていてもスマホから簡単に弔電(追悼メッセージ)を送信いただけます
  • お墓参りが出来なくてもいつでもお参りできローソクを灯すことができます。


パートナーに関するお問合せ先

弊社提携にご興味をお持ちのご葬儀社様、互助会様、墓地・霊園様、葬祭関連業者様は、ぜひ、お気軽に下記までお問合せください。 【募集URLhttps://www.tsuitonet.com/contactus
担当者名:濱中 理惠
E-mail: rhamanaka@smartsenior.jp


配信元企業:スマートシニア株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ